伊豆ヶ岳~子ノ権現

梅雨らしくない梅雨。
6月にしては涼しくさわやかなお天気の中
伊豆ヶ岳~子ノ権現を歩いてきました。

5月に行った棒の折で岩をよじ登っていたら、
通りかかった素敵なご夫婦が
「岩が好きなら伊豆ヶ岳も面白いよ」
と教えてくださったのがきっかけ。

伊豆ヶ岳は奥武蔵ではなかなか人気の山のようです。
頂上の手前で男坂と女坂にルートが分かれていて、
鎖場があるのが男坂。
通常女坂を登るよう勧められていて、
男坂を行くのは自己責任・・・

折しも分岐点にはオリエンテーリングを楽しむ
赤帽姿の小学生たちがいて、
「こっち(女坂)はなだらか、
こっち(男坂)は危険です!!」
と丁寧に案内してくれました。

そうか、ありがとう!
といって男坂へと向かう私たちに
「きをつけてくださーーーい!」
と子供らの応援。。
これはもう引き返せない。。。

幸い岩場はすっかり乾いていて、
滑る心配はなさそうです。
岩を愛する同行者は、
「クライマーは鎖を使わない」なんていって
本当に素手でスイスイ登って行ってしまった。

写真で見るより急な岩場で、
一瞬気持ちがひるんだけれども行くしかない。
あのたおやかな奥様だって登られたのだ、
私にだっていけるはず・・・

先に行った同行者はなにせ鎖を使っていないので
足場の参考にはまったくならず、
どこに足をかけたらいいのか岩とにらめっこ。

そろそろと登りつつ、途中後ろを振り返ったら
登ってきた岩場は下から見上げるより
上から見下ろす方がずっと急で、背中がひやりとする。
登るのはいいけど、降りられないパターンだ!

登り切るまで、絶対振り向いちゃだめ。

だめだと思ったらだめだし、
行けると思ったら行ける。
だめと行けるのちょうど境目に立って
自分を「行ける」にプッシュする。

岩場をよじ登りながら、
「こころの強さ」に想いを馳せました。

こんなふうに自分を追い込むのは久しぶりだな
こんなふうに自分を追い込めるほど強くなったのだな
こういう気持ちの強さが、これからやろうとしていることには必要なのだな

そうしてようやく登り切って、
登ってきた岩場を振り返って再度ひやり。

IMG_3722

ひやひや、怖かったけど楽しかった。
多分ここが本日のクライマックス。

そのあとの子ノ権現へと向かう道は
アップダウンの繰り返し
この風景さっきも見たよ、デジャブ???
なんていうのが何度もあって
なかなか思っていたより歩きがいがありました。

ほんの少し、心が強くなった一日。

 

 

 

 

This entry was posted in . Bookmark the permalink.

Leave a reply