【ScarWork事例】小指の伸筋腱断裂①

40代男性。10年以上前に転倒して左手小指の伸筋腱を断裂。

手術による修復後、指が伸ばせなくなったため再手術を受けられましたが、第一関節は完全に伸ばすことができませんでした。痛みはありませんが、皮膚が突っ張った感じと鈍い痺れがありました。

 

左:施術前
右:施術後

Before1_After1

 

上:施術前
下:施術後

Before1_After1_2

拡大していただくと、傷のライン、皮膚の質感が滑らかになったのが写真でも分かると思います。指の伸びも少し改善しています。

以下、ご感想です。


 

3年半ほど前にこちらのspiro Rolfingさんでロルフィング10回のセッションを受けていまして、そのおかげでそれ以降とても体調が良くなりました。今回こちらでスカーワークという施術もされている事を知り、すぐに「是非受けてみたい!!」と思いました。

過去に左手小指を2回手術しています。
今から11~12年前に駐車場で勢いよく転んで手を地面についた時に表面の皮膚と一緒に小指の腱まで切ってしまい、手術しました。手術後の経過があまり良くなく指が伸びなくなってしまったので数ヶ月後にまた別の病院で手術しました。2回目の手術によってそれ以前よりも少しは伸びるようになったものの、やはり指の第1関節はあまり伸びず、また当時すぐ転勤になって引っ越ししたり仕事が忙しかった事もあり、気持ち的にも諦めて通院も辞めてしまいました。それから今までずっと左手小指は曲げられるけど、伸ばすのは途中までしか自力では伸ばせない状態のままでした。痛みは無いですが皮膚が突っ張った感じと鈍い痺れのようなものもずっと残っていました。

今回スカーワークを受けてみて1番嬉しかったのは「血が通っている感覚が戻ってきた」という事です。この手術した部分は触られた時の感触の鈍さ、何か自分の身体では無いような感覚がずっと長い間に渡ってあったのですが、今はちゃんと血液が流れている感覚があって「やっと自分の身体として蘇って来てくれた」という気持ちです。

左手の小指はまだ自力では完全には伸びませんが、曲げ伸ばしをした時に邪魔をしていた皮膚の突っ張りみたいなものが殆ど無くなったので力も入れやすく動きも滑らかになりました。

心にも変化がありました。今までは諦めていたので、あまり動かそうとしなかったり触ろうとしてしませんでした。でも今回スカーワークを受けてから、「この左手を動かしたい、触りたい」という気持ちが自然に出てきました。これは自分の中で大きな変化です。

スカーワークを受けてから1週間くらい経ちますが見た目の手術痕も日に日に綺麗になってきている感じがします。血色も良くなってきたし、これからもまだ変化すると聞いているので益々楽しみです。

椎名先生の施術はとてもソフトで優しさが伝わってきて気持ち良かったです。
ありがとうございました。

 

This entry was posted in スカーワーク(傷あとの修復) and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a reply