いきた心地

ロルフィング10シリーズ、1回目のテーマは呼吸。

この間1回目のあとに
「久々に生きた心地がします」
とおっしゃった方がいて、

息をすることは生きること

なのだなぁ、と改めてじんわりしています。

 

「自分のからだが本来できるはずの呼吸」
ができなくなっていることは珍しくなく、
ロルファーをやっている私だって見失うことしばしば。

やっかいなのは、一度その状態になれてしまうと
本来の楽な状態を忘れてしまって
浅い呼吸、緊張のつよい状態が「ふつう」になってしまうこと。

 

もっと楽な状態があるのに、
これが自分と思ってしまうのはもったいない。

だからね、ときどき「今の状態は本当の私?」
って問いかけることがとても大事だと思うんです。

からだはまだまだよくなれる。
からだは一生かけてよくしていくもの。

そんなふうに思っていてほしいのです。

 

 

This entry was posted in からだのこと, 思うこと. Bookmark the permalink.

Leave a reply