バレエ再開

3年半くらいぶりに、バレエのレッスンを受けてきました。

私がロルファーになるきっかけにもなったバレエ。23才くらいの時にはじめて、大好きで大好きで、かれこれ10年、多い時は週3、4回通っていました。

でもレッスンをすればするほど脚は太くなるし、理想的なフォームからは逸脱していく。ロルフィングを受けて、そもそも全く違うところを使って踊ろうとしていることがよく分かって、だからバレエができる体になるために、バレエをやめたのでした。

そうしてバレエから離れている間にロルファーになって、セッションやりつつ自分の体の調整が進むのを待っているうちに、早3年。ずっと痛めていた股関節もなんとかスムーズに動くようになったし、立ち方が変わったおかげで苦手だった前屈もぐぐっと柔軟性UP。前はさっぱり感覚がなかった内転筋やハムストリングスも多少は使い分けができるようになってきて、満を持しての?再スタートです。

学ぶ準備ができたときに師が現れる、というのはよく言ったもので、ふと見つけた近所のバレエスタジオに行ってみたら、とても詳しく体の使い方を教えてくれる先生に出会うことができました。

昔レッスンしていた時は、やればやるほど筋肉が張ってきて、いつ怪我するんだろうってひやひやしながらのレッスンだったのに、この先生のレッスンにでたら、バーが進むにつれてどんどん体が整っていく!しかも3年半ぶりだったのに、レッスン後筋肉痛にならなかったのもオドロキ。

お休みの間に勉強したこといろいろと合わさって、バレエのレッスンがいっそう楽しく深いものになりました。昔分からなかったことが体でわかるのようになって、ロルフィングのセッションにもこれから生きてきそうな予感がします。

休んでいる間、バレエなんてなくても生きていけるかも、と思ったりもしたけれど、そんなことなかった!お稽古場に戻って、消えていた火がまたつきました。2015年は熱くなりそうです。

This entry was posted in バレエ. Bookmark the permalink.

Leave a reply