怒りと腰痛

今年に入ってから、

ものすごく怒っている夢を何度か見ています。

 

面白いことに、そういうときは目が覚めたとき

腰がみしみしと痛むのです。

 

腰痛は怒りからくる、なんてよく言いますが、

なるほどこういう形でからだに表現されるんだ、と

自分のからだで分かってちょっとうれしい(笑)

 

私はほとんど腰痛を感じたことはないのだけど、

(というか、からだの構造的に

腰が痛くならないのが不思議だなぁと

我ながら思ってたのですが)

「痛み」ではなく「麻痺」させて

長年腰に握りしめていたものがあったのかもしれません。

 

今このときになってようやく

握りしめる必要がなくなって、

そこにたまっていたエネルギーが抜けて

腰の感覚が戻りつつあります。

 

なくしてたからだのパーツが

こうやって少しづつ戻ってきて、

少しづつ「自分」の全体像が見えてくる。

少しずつ「器」が広がって、

その中にくつろげるようになっていく。

もうその安心感ったら!

 

夢はデトックスっていうのも、

ほんとだなぁと実感しています。

この腰にはまだいろいろ残ってそうだから

次はいつ怒る夢見るだろう、

なんて期待しちゃったり(笑)

 

って、期待してるとおこらないんですよね、何事も。

期待せず、必要なことが必要なときに、あるがままに起こりますように。

 

 

This entry was posted in 感情とからだ and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a reply