ワクチン接種が身体感覚に与える影響

今日で前半4日間、後半4日間、計8日間のロルフ・ムーブメントのトレーニングが終わりました。

毎日受講生同士でセッションを交換するのですが、これだけ集中してワークを受けるのも久しぶり。予想しなかった変化や気づきがたくさんで、とっても充実したお勉強期間でした。

特に印象深かったのは、田畑さんがワークしてくれた左腕の感覚の変化。私の体は基本的に右は緊張しやすく、左は感覚が鈍く力が入りにくい傾向があるのですが、特に左腕の上腕三頭筋は色々やってもなかなか感覚が戻らなくて思考錯誤していました。

田畑さんが見つけてくれたのは、左腕のBCG跡。「これは何か意味がありそうですね」とそこに感覚と組織の動きが戻るようにワークしてもらったら、左上腕の感覚がじわじわと戻ってきました。

ワクチン接種が身体感覚に影響する、というのは聞いていたのですが、自分のからだで体験していろいろと腑に落ちました。(本当に、実際にBCGの影響なのかということは証明できないけれど、そういう仮説の下ワークした結果、効果があった、ということは意味あることだと思っています。)

ワーク直後は血のめぐる感覚、皮膚が空気を感じる感覚が新鮮でしたが、数日経つうちにすっかりなじんで、今は前からずっとこうだったよ、という感じ。腕を動かすと、前に感じていた左肩の不安定さももうありません。また一つ、からだの中にあった空白に色が入った感じ。

他にも、過去の捻挫から感覚が薄くなっていた左足首や骨盤底もずいぶん感覚が更新されて、この後どんなふうにこの変化が統合されていくのかが楽しみです。

お勉強夏休みはこれにて終了。明日より通常営業いたします。

This entry was posted in からだのこと, 感じる力. Bookmark the permalink.

Leave a reply