「実体感がない」

10回目のセッションに来られた方、ベッドから降りて歩いてみて、

「実体感がない」とのこと。

 

からだの「実体感」ってなんでしょう?

たぶんほとんどの人は、重さとか硬さとか、「なんか頑張ってる感じ」=「からだというもの」になってしまっている気がします。

だから、努力感なく動けてしまうと、実体がなくなったように感じる。

 

でもね、こちらが本来の状態なんです。

楽でいい、軽くていい、頑張ってなくていい。

頑張ることが良きことだというのは、もう古き時代の考え方。

ロルフィングの10回のセッションの中でやっているのは、そういうフェイクな実体感の引き算です。

 

「一つのまとまり」としての状態を取り戻し、

足は地に、頭は天に向かい、

筋力ではなく張力で動き、

360度死角なし。

 

そういうからだは、からだのことを知らない人が見ても有無を言わさぬ存在感がある。

今日は、美しい10回目の締めくくりに出会えた良き日でありました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

This entry was posted in からだのこと. Bookmark the permalink.

Leave a reply

CAPTCHA