「前は人の手をかりて元気になっていたけど、今は自分で元気になれる」

3年前くらいに10シリーズを終えて、その後も定期的にこられているクライアントさん。

最近めきめきと変化が進んでいて、ずいぶん変わったね~、とセッションが終わってからしみじみお話ししました。

 

嬉しかったのは、

「前はマッサージとかに行って、人の手をかりて元気にしてもらってるって感じだったけど、今は自分で元気になれるんだっていうのが分かってきました」

というコメント。

 

そうなのそうなの!

自分の力で元気になれるの!

からだにはそういう力が備わってるの!!

 

私も会社員してたころは、「自己治癒力」とか「自己調整力」なんてピンと来なくて、薬とか<なおしてくれる人>が治してくれるものなんだって思っていました。

でもそうじゃないのね。

薬を使ったとしても、<なおしてくれる人>が何かしてくれたとしても、その刺激に反応して回復したのはその人のからだの力。

私が施術者としてやっているのは、その人のからだが自己調整できる環境を整えてあげているだけ。逆に言えば、その人の力で回復しているから、戻らない。変化が続く。

「なんで戻らないんですか?不思議~」ってよく言われるけれど、それはこういうことだからなのです。

 

ここに来る人たちに、いや、来ない人たちにも、何より知ってほしいこと。

あなたには、治る力がある!!

 

自分の力で元気になれることが体感で分かるようになると、自分のからだへの信頼感がむくむくとわいてきます。

「私は大丈夫」

と、からだのレベルで感じることができる人は強い。で、この強さは、人間としての強さの根っこであるのだと思っています。

 

根っこ、太くしていこう。

 

This entry was posted in からだのこと. Bookmark the permalink.

Leave a reply

CAPTCHA