ご予約空き状況(2020/6/25 時点)

直近の空き状況です。

– – – –

6/27(土)10:00~、13:00~、15:00~、17:00~@志木

6/28(日)19:00~@高田馬場

6/29(月)15:00~、17:00~、19:00~@高田馬場

6/30(火)10:00~、13:00~@志木、16:00~、18:00~@高田馬場

7/1(水)、7/2(木)お問い合わせください

7/3(金)10:00~13:00~、15:00~、19:00~@高田馬場

7/4(土)10:00~、13:00~、15:00~、17:00~、19:00~@志木

7/5(日)10:00~、13:00~@高田馬場、17:00~、19:00~@志木

7/6(月)10:00~、13:00~、15:00~、17:00~、19:00~@志木

7/7(火)10:00~、13:00~、15:00~@志木

7/7(水)、7/8(木)お問い合わせください

7/10(金)10:00~、13:00~、15:00~、17:00~、19:00~@高田馬場

– – – –

・時間枠は前後できることもありますのでご相談ください。
・空き枠がお問い合わせ時には埋まってしまっている場合もあります。ご予約の際は、可能であれば第2、第3希望までお知らせください。
・この先の日程ももちろんご予約いただけます。空き状況はお気軽にお問い合わせください。

 

Posted in お知らせ | Leave a comment

高田馬場の営業再開について

長かった緊急事態宣言が明けましたね。

4月、5月、何とも言えない不思議な時間の中で過ごしました。

営業を志木だけに絞り、ただただ淡々と生活し続ける毎日。

最初の頃は、ただならぬ世間の様子に緊張していましたが、「おこもり」の日々にもやがて慣れて、移動しない、喧騒の中に行かなくてもいい生活をすっかり満喫してしまいました。

ただ淡々と生活するだけであっという間に一日が終わってしまって、「生活するだけで一日終わっていくんだ!」という新鮮な驚き。

人間の本質は「生活」にあるはずなのに、いままでいかに生活していなかったかにも気づかされました。

ボディーワーカーでゆるふわ(笑)生きているつもりでいたけど、それでもやっぱり仕事軸、価値や成果を生むこと中心に生きてきたんだなぁ。

ひたすらに内省、休息、ただただ生活し続けた日々のおかげで、今はからだが、神経系が、驚くほど静かで穏やかです。

こんな事態にならなければ、ここまでしっかり休息をとることはできなかったと思うし、自分の価値観を根っこから見直す機会もなかったでしょう。

庭で5月の爽やかな風に吹かれながら、「あれっ、これって幸せな生活なんじゃない???」って気付いちゃって、さあ、これからどうやって働いていこうか、って感じです。

 

幸せについて考え直した、とか

地元の大切さを実感した、とか

これからの仕事を考えるいいきっかけになった、とか

私の周りには、コロナによって大変なことももちろんあったけれども、それによって得たものの方が大きい、ととらえている人のほうが多くて、それはとても幸いなことだと感じています。

これをたまたま読んでくださっている方も、そんなふうだとよいなと願っております。

 

高田馬場の営業について書こうと思ったのに前置きが長くなりました!

6/1以降は高田馬場も通常営業しております。

コロナの状況が落ち着くまでは、

・(可能であれば)当日の検温
・マスク着用
・到着後の手洗い、うがい

にご協力をお願いしております。

こちらも換気、消毒など対策しつつ、 安心してお越しいただけるよう努めてゆきますので、しばらくはお手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

もし咳、風邪様症状など、体調が良くない場合は、 当面は直前でもキャンセル料不要で日程変更させていただきますので 無理をせず必ず来る前にご連絡下さい。

在宅勤務やコロナのお疲れ、そろそろ出ている頃かもしれません。からだのメンテナンスは、早め早めのガス抜きが吉。症状がつらくなる前に、セッションお越しくださいませ。

緊急事態宣言明けの新しい生活が、スムーズに、穏やかに進んで行きますように。

 

 

Posted in お知らせ | Leave a comment

意識的に怖がり、意識的に安らぐ

手洗いうがい、マスク着用、消毒換気、ソーシャルディスタンス・・・
コロナな日々を過ごすために、今私たちに課されていること。

「自分がかからないように」だけでなく、「すでに自分が感染している」という前提で、ウイルス拡散を防ぐため、みんなが心をくばって頑張ってる。

ただ、人との距離が必要とされる今の状況で、2つほど心配になったことがありました。

1つは、無意識に「人」をウイルス扱いしてしまっていないか、ということ。

私たちが気を付けなければならないのは、人が運んでいるかもしれないウイルス。でも目に見えないものだから、知らず知らずその嫌悪を人そのものに向けてしまってはいないか。

自分が恐れているものが何なのか、目の前にあるものをあいまいにすべて恐れるのではなく、恐れの対象をはっきりと意識し、そしてそれに恐れている自分の状態に気が付いている必要があります。

対象を明確にすることで、恐れの範囲を小さくし、対処もしやすくなります。

 

2つ目は、その恐れを適切なタイミングでリセットできているか、ということ。

人に近づいてはいけない、余計なものを触ってはいけない、となると、安心して人やモノに触れることができなくなります。

そうすると、からだを環境に「ゆだねる」ことが難しくなる。

地面に、空間に、積極的に身をゆだねてサポートを受け取ることで、私たちは生物として生きていくのに絶対的に必要な安心感を得ています。

ウイルスの存在によって、空間に対する信頼感が失われやすい状況にあり、また先行き見えない不安にとらわれていると、自分が立っている足元も感じづらくなってきます。

じゃあどうしよう?

1つ目は意識的に怖がる、でした。2つ目もシンプル。意識的に安心する、です。

例えば外から帰ってきたとき、手洗いうがいや着替えをして、今自分のまわりにウイルスはない、自分は安全な場所にいるのだ、ということを意識化することで、からだが安心するのを促すことができます。

自分がリラックスできる場所、好きな音楽、香り、お気に入りの部屋着・・・なにか心地よさを感じられるものを見つけて、「今、自分は大丈夫だ」と感じる時間を意識的に作ってみてください。

このとき、からだがほっとする感覚を味わえるとなおよいです。分かる人は、緊張が緩んでくる感じや呼吸が落ち着いてくる感じ、からだが温まってくる感じなどに気づいてみてください。(「リソース」を知っていますか?

こんなエクササイズをするのもオススメです。

感覚を使って上手に「寝る」

 

人間はそもそも人とのふれあい、フィジカルなコミュニケーションが絶対に必要な生き物だから、今は生物的にとてもストレスがかかる状況です。

ああ自分はストレスを感じているのだ、ということに早いうちに気がついて、ストレスに飲み込まれてしまう前に、安心できる何かを見つけてみてください。

一刻もはやく、安心して触れ合える日々が戻ってきますように。

 

Posted in からだのこと, 日々のこと | Leave a comment

高田馬場5/6までお休みします

ここまでも日程の変更などして対応してきましたが、都内の感染者数増加の状況、緊急事態宣言が出たことなど考慮しまして、高田馬場のセッションは5/6まで完全にお休みすることにしました。

志木では近隣からの方が多いため、引き続き営業することとしました。安心してお越しいただけるよう、手洗いうがい、マスク着用、換気・消毒など十分な対策に努めています。

5/7以降再開予定です。また近くなりましたら状況を更新します。

 

 

 

Posted in お知らせ | Leave a comment

揺れから「中心」を見つける

3月の終わりにまさかの雪。

今日は禅僧 藤田一照さんが主宰するオンライン禅コミュニティ、磨塼寺(ませんじ)のオンライン坐禅会に参加。ネットを通じて最大時278人もの人が参加してたそうです。

直接一緒にいられなくても、テクノロジーを通じて、これだけの人数が「共にいる」ことができるってすごいこと。

最近瞑想とかもあまりしてなかったので、久々に静かに座ってみて、いろんな状況を平静に眺めているつもりだったけど、からだの中はとても騒がしい状況だったことに気が付きました。

からだから落ち着く、って本当に大事。というか、からだが落ち着いてなければ落ち着いているなんて言うことはできない。

そしてその落ち着きは、自分一人では取り戻すことができなくて、周囲の環境や人との適切な繋がりがあってはじめて戻ってくる。

「場の力」なんていいますが、ワークショップとか複数の人が集まる場所では、一人では得られないような体験が得られたりします。その「場」がオンラインであっても、やはりそうなんだ~、という新しい体験をさせていただきました。

 

それで、一照さんは、座る前にからだをほぐして座るための準備をするのですが、足を組んでからだの軸を見つけるときにおっしゃった「左右に動くと中心が分かる」という言葉がやけに響いて。

左右に揺れると中心が分かる

左右に揺れるから中心が分かる

私たちを「揺さぶる」いろんな出来事は、みな自分の中心に気付くためのことなんだ、と。

振られて、戻って、振られて、戻って、その繰り返しの中で自分の中心を確かにする。というか、「中心」とは非常に動的なものなので、そういう経験があって初めて見つけることができる、といってもいいのかもしれません。

そうして中心が見つかれば、たとえ大きな揺さぶりにあったとしても、「中心」を知っていることの安心感の中で振られることができるし、大きく振られて中心から遠く離れてしまったとしても、また中心に戻れると知っていること、中心に戻れる自分の力を知っていることは、自分に対する大きな信頼になる。

そしてそういうマインドは、「不安定という安定」を知っているからだの基盤があってこそ成り立つもの。

 

世界中の人が、大きく、激しく揺さぶられている今。

いろいろとモノの見方を変えていかねばならない時期だと思っています。もしくは、そんな時期だからこそ、これだけいろいろなことが起こっているのかもしれません。

この世から不安定さをなくすことはできないけど、幸い人のからだには不安定さを味方につける知性が備わってる。それを、活かさなくては。

 

Posted in からだのこと | Leave a comment

【ScarWork事例】甲状腺の手術跡

Yさま、40代女性。

約9か月前に甲状腺の良性腫瘍摘出手術を受けられました。
術後直後は右首全体にしびれあり。現在しびれはありませんが、飲み込む、話す、動かすときの引き攣れが気になる、とのこと。

Scarwork_Y2

Scarwork_Y1

上(Before):傷あと周辺が感覚が薄い。首を動かすと傷あとに引っ張られて組織がなめらかに滑らない状態。

下(After):触れられた感覚がはっきりしてくるまで表層をワーク。首はたくさんの膜の層が重なり合うところ。手術によって動きが悪くなっていた深層部もなめらかに動けることをチェックして終了。

写真だと分かりづらいですが、傷全体がほわっと緩んだ感じになり、
首が動かしやすくなったことを確認していただきました。

 

以下、ご本人さまのご感想です。


 

昨年12月に甲状腺の良性腫瘍で右側を半分摘出しました。傷跡は皮を引っ張って縫い縮めた状態で物を飲み込む時や話す時にひきつれるのですが、時間が経てば気にならなくなるということで気長に考えてはいました。

触ると痛いということもないので、順調に回復していると思っていましたが、夏頃から体調を崩して不安になり、何か解決法を探しているときこちらのページと出会いました。9月に施術していただき、すぐに効果を感じたのは、振り向いたりすると首がゴリゴリ鳴るのがなくなったということでした。これにはびっくりしましたし嬉しかったです。手術とは関係ない症状だと思い込んでいたのですがいつのまにか首全体に負担がかかっていたのでしょう。その後ひきつれる感じも少しずつ気にならなくなり、現在ではほとんど忘れている状態です。

不安な時は特に症状が重く感じられてしまいましたが、スカーワークという解決策があるという事を知る事でとても心強かったですし、幸いにもすぐ受けることができて本当に良かったと感謝しております。

Posted in スカーワーク(傷あとの修復) | Tagged , , , | Leave a comment

2020年1月「お母さんのためのボディーワーク」@渋谷

来年の1月から、渋谷区の子育て支援施設「渋谷スポーツ共育プラザ&ラボ “すぽっと”」でお母さん向けのボディーワーク講座を開催します。

お母さんのためのボディーワーク@すぽっと原宿

ボディーワーク初めての方を対象としたクラスです。
もちろんロルフィング未体験でも受けられます。

渋谷区在住、在勤の方が優先で申し込むことができるのですが
(定員に満たない場合は区外の方も可)
なんとなんと、この講座無料で受けることができるんです!

渋谷区、手厚い!

他にもね、いろんな「共育プログラム」が用意されていて、どのクラスもいつも大人気なんだそう。

私の講座は3回シリーズで、上のURLにある1月スタートの講座はすでに満員御礼となりました。でも第2期が3月に予定されているので、今回見逃しちゃった方は次回をお待ちください。

新春、みんなの姿勢についての概念をガラガラと崩すような講座をお届けします^^

 

Posted in イベント・ワークショップ | Leave a comment

【天使の椅子】ウクレレ奏者さんのフィッティング

ウクレレの演奏のために、ということで天使の椅子のフィッティング。

こんな感じで、1cmと5mmの厚さの板を使い、ベストな座面の高さを見つけていきます。
(体験すると分かるけど、5mmの違いって大きいんですよ~)

IMG_4675

ロルフィングも受けられている、とても感覚の鋭い方。

座った瞬間、

「すごいですね!」

と一言。

「腰が自然に立ちます」

「足も自然に踏ん張れる」

「楽器の構え方が全然違う」

「いつも指が力んじゃうのが、楽に弾けます」

「これに座ったらみんな上手になっちゃいますね」

などなど、でしょう~!と思わずにんまりしちゃうようなコメントがたくさん飛び出しました。

持ち運びできるように、脚の取り外しができる山桜バージョンをチョイス。きっと長き良き演奏のパートナーになってくれるはず・・・

もともとギタリストのリクエストに応えて作られた天使の椅子。
楽器演奏にはとても相性がよいのです。

演奏者の方、フィッティングの際はぜひ愛用の楽器をお持ちくださいね。

ウクレレの愛らしい音色につつまれて、幸せなフィッティングのひと時でした。

 

天使の椅子について詳しくは以下をどうぞ。

自然にいい姿勢になれちゃうイス【天使の椅子】

Posted in 天使の椅子 | Tagged | Leave a comment

9月札幌WS&個人セッション

ばたばたと忙しい夏をすごしてまして、うっかり来週の札幌出張のことをのせそびれていました。WSも個人セッションもまだ空きがありますので、お時間合えばお気軽にお越しください。

 

9/1(日)ボディーワークデー@札幌

ハンナ・ソマティクスの平澤昌子さんと一緒に札幌でイベントやります。午前はまさこさんのハンナ・ソマティクスでしっかり体を整える時間、午後は私のWSで、空間感覚と体の関係を探求していきます。(片方だけのご参加もOKです)

いつもWS後はみなさんとゆっくりお話しする時間もないので、今回は終了後に交流会の時間もつくりました。お茶など飲みながらおしゃべりしましょう♪

【スケジュール】
10:00~12:00『腰痛ケアをマスターする!』
13:00~16:00『からだと空間』
16:00~17:30 交流会

詳しくはこちら
https://www.facebook.com/events/424118775097458/

※参加ご希望の方は、それぞれのWSのリンク先からお申し込みください。Facebookイベントの参加ボタンだけでは申し込みにならないのでご注意ください。

 

ロルフィング個人セッション@札幌

9/2(月)
①13:00~、②14:45~、③16:45~、④18:30~

※前後の日でも調整可能な時間帯があります。受けたいけどこの日は都合が…という方はお問い合わせください。

内容はロルフィング、スカーワーク、クラニオセイクラル、動き方のレクチャーなど、ご希望に応じてセッション組み立てます。

こういうのが気になってるんだけど…ということがあれば、お気軽にご相談ください。

—-

・ロルフィング
重力下で楽に動けるからだへ
http://rolfing-spiro.com/rolfing

・スカーワーク
傷あとの違和感、動きづらさに
http://rolfing-spiro.com/scarwork

・クラニオセイクラル
神経系の深いリラックス。慢性疲労、頭痛などの不定愁訴に
http://rolfing-spiro.com/craniosacral

【場所】 風の音治療院 http://www.kazenone.jp/mailmap

【料金】15,000円 (90分程度)

【お申し込み】info@rolfing-spiro.com まで、ご希望の枠をメールでご連絡ください。

 

Posted in イベント・ワークショップ | Leave a comment

【ご感想】6年たって…「驚きと感動を再認識しています」

6年前にロルフィング10回終了された方が、またときどきメンテナンスに来てくださっているのですが、6年前を振り返ってのお話を聞かせてくださいました。

– – – –

「あれからしみじみ、ロルフィングのセッションを受け始めた時の驚きと感動を再確認
しています。

幼少期に左利きを矯正した影響なのか、右手ばかり使っていたこと(全く自覚はな
かった)。それが自然に左手が使えるようになったんですよね。本当に驚きました。
力の入れ方抜き方を意識できるようになって、南瓜をすとんっとさっくり切れた時
は、目を見張りました。

腰や膝が痛くて、歩くのが負担でした。買い物などで一日歩いたら、家に帰ると立ち
上がることもできない。健康のために散歩といっても、30分も歩くと腰が痛くなっ
て、ただただ苦行でしかないという状態。

それが今では、一日外出した後でも、夕飯の支度ができる。ロルフィング体験前は、
辛くて吐き気をこらえながら作ってました。

いまは普通にキッチンに立てます。そして今の私は、吐き気をこらえてまでご飯は作
りません。そこが一番変わったところかもしれません。

でも体が弱いという引け目が あったから、普通の人ならこんなことで、ご飯を作りたくないなんて思わないはずと いう思い込みがあったから、今日はご飯を作れない。体調が悪いと言えませんでした。

誰と比較していたのかわかりませんが、とにかく自己否定ばかりしていたのが、
体が変わるにつれて変わっていったんですよね。

ただこの過程が辛かった。それがあったから、いまがあるわけですが。

あの時の辛さは病気で死が目の前をちらついていた時の辛さと同じような気もします。私にとっては、一度死んで生まれ変わるぐらいの体験だったのかと。

<中略>

出来の悪い生徒で、10回のセッションの中で学んだ座るときのポイント、立ち方な
ど、最近やっとああこういうこと?と思うようになって、それが体型の変化に現れて
きたのではないかと思っています。

最初に同じ指摘を受けているんです。 ちゃんと記憶にあります。
でも、なんか下腹が目立って見えるような気がして嫌だったんです…
長い時間を無駄にしました。 本当に自分を知るというのは難しいことですね。

東洋医学を勉強したことで、正しい姿勢が呼吸や腎や肝の働きにも影響しているとい
うことを知り、より一層姿勢や体の使い方の大切さを感じています。だからこそ、決
まった形に体を当てはめようとするのではなく、その人にとっての良い姿勢を教えて
くれるロルフィングをもっともっと多くの人に知って欲しいと思っています。

最近初めて会う人に、よく体型維持の方法を聞かれるんです。
SpiroのHPを教えると、皆さん早速検索を始めるので、本当に知りたいと思われてい
るんだと気を良くしています。

五月連休には温泉の脱衣場で、「スポーツは何をしているの?」と同年代の女性に聞
かれました。 6年前の写真の頃も太ってると言われたことはありませんが、脱いだらゆるゆるですから全裸を見た人からそんな風に言われることはなかったと思います。
裸で恥ずかしかったので焦って、「特に何も」と言ってしまったんですが、東京の人
だったし、教えてあげたらよかったと悔やんでいます。」

– – – –

 

深い体験。6年という長い時間の中で変わり続けているもの。
ご本人から掲載の許可をいただきまして、ご紹介させていただきました。

 

Posted in ご感想&体験談 | Leave a comment