【4月】ワークショップ&ロルフィング@札幌

4月にまた札幌に参ります。
今回も風の音治療院さんで、ワークショップ2つと、個人セッションです。

WS①「手の感覚をひらく」

知ってるようで知らない、
使えてるようで使えてない手。

頭で命令して動かすのではなく、
感じて動く、を練習します。

【日時】2019/4/7(日)15:00~17:00
【場所】風の音治療院
【料金】6,000円

https://www.kokuchpro.com/event/spiro20190407/

 

WS②「骨盤底の感覚を取り戻す」

骨盤底に感覚が戻ると
今まで感じたことのない
からだとこころの安定感を
味わうことができます。

快適なからだづくりは、
安定した土台から。
座り方でお悩みの方もぜひ。

【日時】2019/4/8(月)10:00~12:00
【場所】風の音治療院
【料金】6,000円

https://www.kokuchpro.com/event/spiro20190408/

 

■ 個人セッション

4/8(月)
①13:30~、②15:30~、③17:30~、19:30~
※9日(火)も時間帯によっては調整可能です。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

【場所】 風の音治療院 http://www.kazenone.jp/mailmap
【料金】15,000円 (90分程度)

ロルフィング/重力と調和したからだづくりのワーク
https://rolfing-spiro.com/rolfing

スカーワーク/傷あとを修復し、違和感、動きづらさを改善
https://rolfing-spiro.com/scarwork

クラニオセイクラル/中枢神経系から深くからだを休息させ、自己調整力を高める
https://rolfing-spiro.com/craniosacral

お申し込み:info@rolfing-spiro.com まで、ご希望の枠をメールでご連絡ください。

 

 

Posted in イベント・ワークショップ | Leave a comment

すまうと「天使の椅子」のフィッティングはじめます

椅子座談会でもご紹介した、すまうとさんの「天使の椅子」。

天使の椅子

もともとはギタリストのために作られたという、とても美しいスツール。私も愛用中の素晴らしい椅子です。その素晴らしさについてはあとでゆ~っくり書いていきたいと思うのですが、このたび椅子のフィッティングをspiroでお手伝いさせていただくことになりました。

 

代表の野木村さんに初めてお会いしたのはおととし、志木のセッションルームのお隣が空き家になって、オープンハウスが開催されるときに「すまうと」の家具が展示されたときにふらふらと遊びに行ったときのこと。

天然素材、シンプルデザイン、接着剤をなるべく使わない工法というコダワリの作品たちに私は一目ぼれ。他に見学者がいないのをいいことに、野木村さんにいろんなお話を根掘り葉掘り聞かせていただきました。野木村さんは椅子づくりのためにからだのこともすごく研究されている方で、情熱こもったモノ作りが本当に素敵です。

で、展示されていた家具の中でいちばんアハ!となったのが天使の椅子です。今までの椅子の概念が覆される座り心地。座れば座るほど頭がさえてくる、驚きの椅子。しかもデザインも超好み。

いつか、必ず手に入れよう・・・と思っていたところで座談会に参加することが決まり、ぜひ座談会でこの椅子を紹介したい!と思ったのですが、あいにくの在庫切れ。

で、厚かましくも、座談会用にサンプルをお借りできないでしょうか、とお願いしたところご快諾いただきまして、無事記事でご紹介することができました。

そのやりとりの中、野木村さんは

「本当に大事なのは身体と椅子の関係を見ながらちゃんと座らせてあげる事なのだと思うのです。椅子はそれを支える道具として良いものを提供するのが限界です。 という事で身体と対話ができる椎名さんのような方にちゃんと高さを見て提供してもらえたら本当の意味でこの椅子の完成なのだと思っています。」

とおっしゃるのですよ。

そんな、そんな熱い想いに触れたら、お手伝いしないわけにはいきません。

 

私自身、座談会後にようやくMY天使の椅子を手に入れて、日々使う中でこの椅子のよさを再確認したところでした。こんなにいいものは、この良さが分かる人に紹介しなければならない・・・とムクムク湧き上がる謎の使命感。

ロルフィングをうけて、自分のからだの状態がいろいろ分かるようになってくると、「どんな椅子に座ったらいいの?」という疑問も出てきたりします。

基本的には、どんな椅子でも座りこなせるからだを作る!というのがゴールではあるのですが、天使の椅子は、そんな賢いからだ作りをサポートしてくれる椅子。

椅子の高さはオーダーメイドなので、要フィッティングです。座り方もレクチャーしつつ、お一人お一人にベストの高さを測定いたします。

基本的には志木のセッションルームで承りますが、複数ご要望があれば高田馬場、または出張フィッティングも検討します。

 

いつも志木の部屋で私が座ってるのが天使の椅子です。セッションに来てもし気になったら、ぜひ座ってみてくださいね。

価格は42,120円+送料となります。

 

天使の椅子
http://www.bigmories.com/smt-stl-tsi
別の取扱店さんですが、素晴らしくよく紹介されています。(動画まである!)

すまうとさん
https://www.facebook.com/pages/category/Industrial-Company/%E3%81%99%E3%81%BE%E3%81%86%E3%81%A8-1031476370317635/

Posted in 天使の椅子 | Tagged | Leave a comment

座談会記事「わたしたちにとってイスとは!?」

去年の夏に参加した「イス」についての座談会の記事が公開されました。特集してくださったのは、「明日のわたしを選ぶチカラ」をスローガンにボディーワーカー小笠原和葉さんが作られている健康3.0情報発信サイト「Magellan」です。

書き起こしてみたらすごいボリューム!で、少しずつUPされています。どの回も読みごたえたっぷり。私たちボディーワーカーが考える、座ること、と椅子のこと。ぜひぜひ読んでみてください。

 

Chapter 0 イス特集
「ボディーワークって??」
「内側からのアプローチへ」

Chapter 1 そもそも椅子じゃない?! 
「「座る」ということそのものを見直したい」
「そもそも人の体って動くことがベースになっている」
「今は人類が「座ることに挑戦している」時代」

Chapter 2 座っているカラダも動いている
「椅子に適応することで、いつもどこかが無理をしている」
「どの椅子がいいとか、どの形がいいとかは個人個人ぜんぶ違う」

Chapter 3 足を組むって、よきこと・・・なんですかね?
「腰痛がある人にとっての良い椅子って?」
「どんな姿勢でもくつろげる自分でいるのが大事」
「環境によって引き出されるということ」

 

Chapter5までつづきます。

 

 

Posted in からだのこと | Leave a comment

休日のつれづれ

今日は1カ月ぶりに何もない日。

1月後半から泊りがけの研修が2つほど入ってたので忙しくて、でも合間の空いた日も山に行くのは外せなかったりで、丸1日家で過ごすのは久しぶり。

丁寧に掃除機をかけて、見て見ぬふりしてたキッチンの汚れを取り、丁寧にご飯を作って、ゆっくり家にグラウンディングできました。

1カ月も出ずっぱりでいられたなんて、昔の自分ではとても考えられなくて、年々元気になっていく自分のからだにことあるごとに感動しています。

かつての私は週に2日は何もない日がないとダメな人でした。3泊4日の研修とかあったら、絶対そのあと休みを入れるし、1日遊びに出かけたら、その次の日は休みにしないとダメでした。

持っている体力が少ない上に、何をするにも余計なエネルギーを使いすぎて、消耗が多すぎた若かりし頃。20歳のころより40歳になった今の方がはるかに元気だなんて、ふつうじゃ考えられないと思うけど、でも真実。

– –

疲れにくくなる、ということは、一瞬一瞬を最適なパフォーマンスで動いている、ということでもあるのだなぁ、とふと気が付きました。

いろんなことが、前よりずっと楽にできて、しかもクオリティも上がっているなんて、なんてすばらしいんでしょう。

若かりし頃の私よ、よくぞあの状態で生き抜いてきた。そしてあの頃の大変さを知っているから、今の元気を奇跡のようにありがたく感じるし、このからだをかけがえなく思う。からだってこんなに変わるんだよって、自信をもって伝えることができる。

– –

効率的な動きの追求は、「今ここ」の追求といってもいい。

からだを通して今この瞬間にあり続けることにひたすら没頭する毎日。あけても暮れてもからだのことばかり考えていられるなんて、ボディーワーカーという仕事を選んで本当に良かったと思う。というか、そういう毎日を送りたくて、私の魂はボディーワーカーを選んだのかも、とさえ思う。

それでもって、たぶんさらに私のからだはよくなり続けていくのだと思えることがとても幸せ。

 

 

 

Posted in からだのこと | Leave a comment

バレエとボルダリングを交互にやるメリット

今日はバレエのレッスンへ。

おとといボルダリングでかなり追い込んだので、からだを「長く使う」感覚がなかなか出てこない。アウターマッスルががっちりと固まっていて、関節という関節が縮んでしまっている・・・

ボルダリングのいいところは、いろんな方向にからだをまんべんなく使い、自重の負荷で筋力をつけることができるところ。

効率よく登るには、腕だけではなく、脚~体幹~腕をつなげて動く必要があるので、バレエの動きにも通じる動きのヒントがたくさんあります。

でもどうしてもパワーが必要なので、壁のぼりだけしているとやっぱりからだが縮んでしまいます。

そこで!ボルダリングの合間にバレエを挟むことで、縮んだからだをながーく戻していくのです。で、からだの長さが戻ったところで、またボルダリングで弱いところの筋力を強化する。

今はこの組み合わせがとってもいい感じです。

パワー系と、伸びる/バランス系、違う性質の動きを組み合わせることで、どちらにもいい効果がある。ボルダリングとヨガをしてる人もよく見かけるけど、これもまた良い組み合わせなんだろうなぁと思います。

 

Posted in バレエ, ボルダリング | Leave a comment

気分で姿勢を持ち上げる

歩き方を変えていくときに、ロルフィングでは感覚をよく使います。

例えば、足裏が地面に触る感覚とか、頭の上の空間とか、からだと外界の関係性を取り戻すような感覚を呼び起こすことで、からだの自然な反応として姿勢を整えていくわけです。

(胸を張る、脚の内側に力を入れる、みたいなパーツのコントロールになってしまうと、必要以上の力を使って不自然になるのでNG。)

とくに10回のセッションのはじめの方では、今まで作られてきた歩き方のパターンを崩すために、丁寧にこういう感覚に目を向ける時間をつくります。

ただセッションが進んでいくと、からだの統合もずいぶん進んで歩き方も洗練されてくるので、今度は細かい感覚のフィードバックを頼りにするのではなく、新しいパターンに一気に持っていくやり方も大事になってきます。

そこで便利なのが「気分(ムード)」にフォーカスすること。

セッション直後の、スムーズで楽に歩けているときの気分を記憶しておいて、うまく歩けていないな、と気付いたときに、その気分を呼び起こす、というやり方です。

 

よくあるのは、

「ワクワクする」

「どこまででも歩いて行けそう」

「明るい」

「ぶれない」

「自信に満ちている」

「嬉しい」

といった気分。

 

で、気分というものは必ずからだの感覚に紐づいているので、こういった気分を支えてくれるものとして

・視野の広さ

・視界の明るさ

・心臓のバイブレーション

・肚の力

・安定した足

といった感覚があるわけです。

 

つまり「どこまでも歩いて行けそうな気分」というパッケージで、それを支えるからだの感覚を呼び起し、最適な歩き方を引き出してしまおう、というやり方。

 

姿勢によって気分を変えることができる、というのは、エイミー・カディーの「パワーポーズ」でも有名な話ですね。

もしかしたら最初は、姿勢から気分に気付く方がやりやすいかもしれません。まずはいい姿勢、楽な姿勢のときに、どんな気分になっているかに気付く練習。

それに慣れて、感覚を介したからだと気分のつながりが分かるようになると、気分からからだを変えていく、というのもできるようになっていくはず。

 

私はこれをバレエのレッスンのときによく使います。

順番覚えるのでいっぱいいっぱいで委縮してしまってる自分に気付いたときや、体調いまいちでどんより重い気分のとき、「踊るのがハッピーで仕方ない」気分(言語化するのが難しいのですが、胸の中心が明るくなって、その輝きがからだの外の空間まで広がるような感じ)を呼び起こして立て直しています。

そういえばボルダリングのときはやったことがなかった!今度試してみます。

 

(エイミー・カディー、ご存じない方はこちらをどうぞ。日本語字幕あります。)

 

Posted in 感じる力, 感情とからだ | Leave a comment

本日のボルダリング

今日はロルファーボルダリング部の日。

月に2回、ロルファー仲間と壁を登っています。

 

この間の金曜に一人で登りに行ったときは、

全然力が出なくて絶不調。

よーく考えてみると、その前の数日間

あんまりたんぱく質をとっていなかった。

 

そういえば、以前玄米菜食で過ごしてたときも

あんまりにもパワーが出なくて

慌てて肉まんを買いにコンビニに走ったこともありました。

(で、肉まん食べたらすごい登れた。)

 

そんなわけで今日は、肉と野菜と米を

バランスよく食べていったら絶好調!

何週にもわたって落とせなかった課題が

ようやく登り切れて、大満足でした。

 

帰り道のからだもいい感じ。

股関節がばっちりいいところにはまって

運動後なのにスイスイ歩ける。

 

その日の運動の質は、

この帰り道の歩き方の感じで

良かったかどうかが分かります。

 

むちゃくちゃに動いて崩すのでは

せっかく運動するのにもったいない。

運動して整える、

整うように運動する、

が理想です。

 

今日はとてもよく眠れそう。

 

 

Posted in ボルダリング | Leave a comment

テント買いました

ついに買ったぞ!マイホーム!!

じゃーーーん

S__4063248

山用のテントです(笑)

超軽量、設営3分のスグレモノ。

久々にテンションの上がる買い物をしました。

 

結構な金額だし、

山でテント泊するにはシュラフに大型ザックに…

と必要なものは芋づる式に増えてしまうし、

どうしようかなーと迷っていたのですが、

「テントを持っている私」を想像するだけで

気分が上がって仕方なくて、

どうしても「テントを持っている私」になりたくて、

買ってやったーーー

 

写真は、嬉しすぎてセッションルームで

いそいそと組み立てたときのものです。

 

今のところ、ちょっと気持ちが下がることがあっても

テントのことを思うとふわりと気持ちが盛り返します。

こんなにウキウキする買い物って、

ほんとにいつぶりだろう。

ZerogramのEl chalten 1.5p、

今わたしの一番のリソースになってくれています。

 

お山に持っていくのはもう少し先になるけど、

なんかもう既に費用対効果は抜群です。

いい買い物したなぁ!!

今年のシーズンが待ち遠しくて仕方ありません。

 

 

Posted in | Leave a comment

怒りと腰痛

今年に入ってから、

ものすごく怒っている夢を何度か見ています。

 

面白いことに、そういうときは目が覚めたとき

腰がみしみしと痛むのです。

 

腰痛は怒りからくる、なんてよく言いますが、

なるほどこういう形でからだに表現されるんだ、と

自分のからだで分かってちょっとうれしい(笑)

 

私はほとんど腰痛を感じたことはないのだけど、

(というか、からだの構造的に

腰が痛くならないのが不思議だなぁと

我ながら思ってたのですが)

「痛み」ではなく「麻痺」させて

長年腰に握りしめていたものがあったのかもしれません。

 

今このときになってようやく

握りしめる必要がなくなって、

そこにたまっていたエネルギーが抜けて

腰の感覚が戻りつつあります。

 

なくしてたからだのパーツが

こうやって少しづつ戻ってきて、

少しづつ「自分」の全体像が見えてくる。

少しずつ「器」が広がって、

その中にくつろげるようになっていく。

もうその安心感ったら!

 

夢はデトックスっていうのも、

ほんとだなぁと実感しています。

この腰にはまだいろいろ残ってそうだから

次はいつ怒る夢見るだろう、

なんて期待しちゃったり(笑)

 

って、期待してるとおこらないんですよね、何事も。

期待せず、必要なことが必要なときに、あるがままに起こりますように。

 

 

Posted in 感情とからだ | Tagged | Leave a comment

凍り付きから抜け出して

先日ボルダリングをやっていたときのこと。

ゴールまであと一手!というところで、

足を滑らせて結構な高さから落下しました。

 

「落ちる!」って思った瞬間は、

まるでスローモーションのよう。

でも次の瞬間には、

衝撃とともにマットの上。

 

ああ落ちたんだ、と認識して、

それからものすごい心臓の拍動と

全身に湧き上がる冷や汗に気が付いて。

 

前にもこういう落ち方をしたことは何度かあって

そういうときは神経系が落ち着くまで、

からだがショックから抜け出すまで、

とりあえず静かに休んでおく、

というのが私の「パターン」でした。

 

でもこのときは、

(怪我はない)

(心臓・・・速い)

(呼吸・・・上がってる)

(からだ・・・冷たい)

と、さーーーっと状態をスキャンして、

(いくか、やめるか)

と一瞬迷う間があったのち、

(ちっくしょう、もう一度のぼってやる!!!)

と、またすぐ登り出したのです。

 

怪我してないなら、ふつうでしょ?

って思うかもしれないけど、

 

びっくりする

凍り付く

しばらく動けない

というのが私の長年のパターンだったから、

これはとても画期的な出来事でした。

 

交感神経が生み出したエネルギーを

「戦う」ことに使うことをからだが選んだ奇跡の瞬間。

 

ああ、私には力がある!って

あとからじわじわと、感動しました。

 

結局その課題は登れなかったんだけど(笑)

でもボルダリングでからだだけじゃなく、

神経系まで確実にたくましくなってる!

 

「私には力がある」ということを

からだのレベルで、無意識で信頼できることは

生きていくうえで本当に大事なこと。

 

これを幼いころからうまく身につけた人は幸運。

でもそうじゃなかったとしても、

何歳になってからでもからだへの信頼感は取り戻せます。

 

もっと強く、しなやかに、自由に。

私自身が変わり続けることが、

クライアントさんへのフィードバックになると信じて

明日もまた壁に向かうぞ。

 

 

 

Posted in からだのこと, ボルダリング | Leave a comment