平成…からだとの闘いと和解の30年

あともう少しで平成が終わる。

別に今日は今日だし、明日は明日だ、と思っていたけど
退位の儀の中継で天皇陛下のお姿を見ていたら
やっぱり感慨深くなってしまった。

平成の30年。
ちょうど10代から30代を過ごしたことに今気づく。

1989年という1つの年に、昭和64年と平成元年という2つの年が入ることが、10才の私には不思議で仕方なかったんだけど、40才になった今はちゃんと理解できてることにほっとした。

 

平成は、からだとの闘いと和解の30年、だったように思う。

規律性調節障害といわれ、いつも不調だった10代。
ストレスと緊張でガチガチの中、バレエでどうにか生き延びた20代。
藁をもつかむ思いで、ボディーワークの世界に飛び込んだ30代。

からだにひたすら向き合ってきた30代のおかげで
40才になった私は、今が一番元気だと感じているし、
まだまだこの先ももっとよくなるとさえ確信している。

 

ああ、しあわせだ。

本当に、このからだがあることがしあわせだ。

 

この数ヵ月、この先の方向性に迷いに迷っていた私は
カウンセリングのようなものを受けたのだけど、
そこで「何を伝えたいか」という話になったときに

「からだがあるということのしあわせ」

と言葉にした瞬間、ぶわっと胸が熱くなって、涙が出そうになった。

何かをしなくても、もうからだがあるだけで
こんなにもしあわせって感じることができるんだよ

からだがあるっていうのは、最高のことなんだよ

こんなにも、このことを私は伝えたいと思っているのかとびっくりした。
平成最後の時間に、自分の熱の中心に気付くことができて本当に良かったと思う。

 

からだとの和解を果たすことができた平成。

令和の時代は、なんだろう?

自分自身と向き合う<内>への方向性から、これまでの経験をアウトプットする<外>への方向にシフトしていきたい。

そのための強さを、軸を、もっと確かなものにしていきたい。

 

ありがとう、平成。
思い残すことは何もなし!

頑張りすぎてた自分も執着も全部おいて、軽やかに令和をスタートするんだ。

 

 

Posted in 日々のこと | Leave a comment

ひさびさの怪我

バレエで思いっきり自分で自分の足首を蹴って、打撲。

相当痛かったけど、レッスン後すぐに調整したら何事もなく歩けたので、そのまま買い物に行ってしまったのだけど、これがよくなかった。

歩いててまったく痛くなかったので、すっかり足のことを忘れて歩き回ってたら、突然激痛が走って体重がかけられなくなってしまった。

びっこ引きながら電車に乗って、タクシーに乗って帰宅。見ると蹴ったところとは別の場所が腫れている。

アイシングして、固定して、翌日はひたすら安静に。めったにない機会なので、きっちり時間を測ってアイシングしてみたらぐんぐんよくなった。

3日目は包帯で固定したらなんとか普通に歩けた。

4日目も包帯してお出かけ。このくらいになってくると、左右の足のバランスの違いが気になってくる。幸い痛みはだいぶ引いていたので、これはちゃんと動かしたほうがいいなぁと思って、途中で包帯はずす。

5日目の今日は、だいぶいい感じ。足首を回すとちょっと痛いけど、これ以上かばうと代償で2次被害が起きそうなので、気をつけながら普通に動く。

 

私はとても痛みに弱くて、どこか痛いところがあったら絶対に無理はしない…はずだったのだけど、今日は悩んで悩んでやっぱりボルダリングに行ってきた。

難しい課題はやらない、2時間だけ、と自分と約束して。

炎症があるわけでなければ、うまく動かすことで整えられる可能性もあるし、何より壁が触りたくて触りたくて仕方ないんだもの。

GWの夜のジムはまったりと静かで、気を付けつつも5Qの課題を新たに2本落とし、なんだかとても満たされた気持ちで帰ってきました。

動けるって素晴らしいな。この程度のケガですんで本当に良かった。

今は動くのを止められてしまうのがなにより辛い。大袈裟ないい方かもしれないけど、動くことで自分のからだというものを、命というものを再確認しているというか、とにかくじっとなんてしていられないのだ。

動くことの「快」をかみしめる毎日。

ああ今日も楽しかった。

 

Posted in ボルダリング | Leave a comment

外岩デビュー

ちょっと前のことですが、初めて御岳ボルダーに連れて行ってもらいました。

「外岩はジムの100倍楽しいよ」とおっしゃる方がいて、どんなものなんだろうと興味津々でしたが、うん、ジムとはまた違う楽しさ!

ジムだと壁にホールドがまぶしてあるから、一つ一つの手が違うものに触れていく感覚だけど、岩はひとつの塊。岩という、ひとつの生き物に触れているような気分。

スタート位置に手を掛けるとき、自然と「どうやって登ればいいか教えてね」と心の中で岩に語り掛けていて、岩も生きているんだなぁと、あとからじんわりきました。

 

mami

(マミ岩3級に挑戦中、の写真。完登できなかったけど)

 

ちなみに、このとき「岩が生きている」と思ったのは、意識してそうイメージしたわけではなく、もう勝手にそう思って触れていたのだけど、「触れているものが生き物だと思う」というのは自然な動きを引き出すのにとても役立ちます。

ジムのホールドの場合は「抜けやすい草」。動きが雑になってきたなーと思ったら、それを思い出して丁寧に丁寧に登る…

 

強い友達クライマーズが難しい課題に打ち込んでる姿も刺激となりました。
連れてってくれてありがとう。またよろしくね~~

 

 

Posted in ボルダリング | Leave a comment

自然な動きとは何か

「自然な動き」のことを少し。

「自然」と聞くと、滑らかさ、優雅さ、自由さ、楽さ、などが連想されて、だいたいの人は不自然よりは自然がいいよね、と思っていると思うのですが・・・

でも何が自然さを生み出すのか、ってあまり知られていないようだし、自然ってつまりはどういうこと?って、あまり語られていない気がします。

自然=環境・状況に適している、って置き換えてみてください。

ピンとくる?こない?

例えば、立っていたら足の下に地面があります。そんなのあたりまえ・・・ですが、世の中「足の下に地面がないように立っている人」がたくさんいます。

それは、「地面がある」という現実が、からだにうまく反映されていない、ということ。

もう少し詳しく言うと、地面との関係性の中で起こる感覚情報を、十分に受け取られていないために、必要以上に頑張って姿勢を維持しなくてはならない、ということが起きています。

 

そもそも動きと感覚は決して切り放すことはできません。

感覚の入力があって、それに対する反応として動きが出力される、という仕組みなので、「動くことは感じること」といってもいい。

自分がどんな地面の上に立っているのか。

硬いのか、柔らかいのか、なめらかなのか、でこぼこなのか、暖かいのか、冷たいのか、止まっているのか、動いているのか・・・。感じられることは数えきれないほどあります。

その外界の情報を、感覚を通じてどれだけ正確に取り入れることができるのか、が1つ目の鍵。

そして、受け取った情報に基づいて、どれだけ柔軟に動きを調節できるか(適応力)が、2つ目の鍵。

 

動きがぎくしゃくする、不自然だ、と感じるときは、この感覚と動きのフィードバックシステムがうまく働いていません。

自分の周りにどれだけの空間があるのか
その空間に何があるのか
明るいのか暗いのか
どんな音がするのか
どんな地面に立っているのか
どんな匂いがするのか

自分の周りの環境に対する気づきと、その環境に自分はどう反応しているのかという気づきが、豊かであればあるほど、からだも心も自然体に近づいていくわけです。

空気とか地面とか、当たり前すぎて考えもしないことが、実はものすごい大事なんだよ、ということ。

それがからだで腑に落ちると、どんどんからだも世界も変わっていきます。

 

 

 

Posted in 感じる力 | Leave a comment

札幌に行ってきました

5か月ぶりの札幌に行ってきました。

街に戻ってくるたびに、ああこの土地が好きだなぁ、と感じます。かつてこんなに「土地」に愛着を感じたことはないので、とっても不思議なのですが、札幌の空気、そこにいるときのからだの感覚を味わうたびに、いいなぁ~~~と思ってしまうのです。

ワークショップはリピーターの方と初めましての方が半々くらい。手の話と骨盤底の話。テーマは変わっても、伝えたいところの芯に変わりはありません。からだを通して、感覚を通して、もっともっと自分を知っていこうよ、もっともっと自分を大事にしていこうよ。そんな気持ちで今回も楽しい時間を過ごしてきました。

 

ここしばらく、自分が伝えたいところのコアは何なのかがよく分からなくなってきて、もやもやとしたイメージはあるのだけれど、かたちにならない歯がゆさを抱えながら過ごしていました。(そんなわけで馬場と志木のWSもしばらくお休みしてました)

が、今回の札幌出張で、なんとなくその形が見えてきた気がします。こんなことやったらいいかも、というインスピレーションが、ぽつぽつと降りてきています。慌てず、しっかり自分のなかで熟成させて、少しづつ形にしていけたらいいな。

 

実は出張前、3年ぶりくらいに風邪をひいて、のどの痛みがなかなか取れなくてひやひやしてたのですが、札幌についてからびっくりするくらい元気になりました。

風邪をひく気配すら感じることがなかったので、もう私の世界から風邪は消えた、と思ってたのですが、ひくときはひくんだなぁ・・・何の前触れもなく。

でも札幌に行ってからは元気いっぱいだったので、スキマ時間でいつもの大好きなお店&新規開拓に励んできました。

IMG_4217

愛する某カフェにて、背徳的深夜のナポリタン。

 

余談ですが、仕事が終わった翌日、飛行機が夜遅い時間の便だったので、さあ一日何をしよう♪と思ってたのですが、10日くらい壁を登ってなかったら突然「壁登りたい」発作に襲われまして、結局その日は飛行機乗る前にボルダリングジムへ行きました。

レンタルシューズだから思うように動けず逆にフラストレーションたまったというオチなのですが・・・今度からは、かならずマイシューズを持っていくことにしよう。

 

 

Posted in 日々のこと | Leave a comment

【4月】ワークショップ&ロルフィング@札幌

4月にまた札幌に参ります。
今回も風の音治療院さんで、ワークショップ2つと、個人セッションです。

WS①「手の感覚をひらく」

知ってるようで知らない、
使えてるようで使えてない手。

頭で命令して動かすのではなく、
感じて動く、を練習します。

【日時】2019/4/7(日)15:00~17:00
【場所】風の音治療院
【料金】6,000円

https://www.kokuchpro.com/event/spiro20190407/

 

WS②「骨盤底の感覚を取り戻す」

骨盤底に感覚が戻ると
今まで感じたことのない
からだとこころの安定感を
味わうことができます。

快適なからだづくりは、
安定した土台から。
座り方でお悩みの方もぜひ。

【日時】2019/4/8(月)10:00~12:00
【場所】風の音治療院
【料金】6,000円

https://www.kokuchpro.com/event/spiro20190408/

 

■ 個人セッション

4/8(月)
①13:30~、②15:30~、③17:30~、19:30~
※9日(火)も時間帯によっては調整可能です。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

【場所】 風の音治療院 http://www.kazenone.jp/mailmap
【料金】15,000円 (90分程度)

ロルフィング/重力と調和したからだづくりのワーク
https://rolfing-spiro.com/rolfing

スカーワーク/傷あとを修復し、違和感、動きづらさを改善
https://rolfing-spiro.com/scarwork

クラニオセイクラル/中枢神経系から深くからだを休息させ、自己調整力を高める
https://rolfing-spiro.com/craniosacral

お申し込み:info@rolfing-spiro.com まで、ご希望の枠をメールでご連絡ください。

 

 

Posted in イベント・ワークショップ | Leave a comment

すまうと「天使の椅子」のフィッティング&オーダー承ります

椅子座談会でもご紹介した、すまうとさんの「天使の椅子」。

天使の椅子

もともとはギタリストのために作られたという、とても美しいスツール。私も愛用中の素晴らしい椅子です。その素晴らしさについてはあとでゆ~っくり書いていきたいと思うのですが、このたび椅子のフィッティングをspiroでお手伝いさせていただくことになりました。

 

代表の野木村さんに初めてお会いしたのはおととし、志木のセッションルームのお隣が空き家になって、オープンハウスが開催されるときに「すまうと」の家具が展示されたときにふらふらと遊びに行ったときのこと。

天然素材、シンプルデザイン、接着剤をなるべく使わない工法というコダワリの作品たちに私は一目ぼれ。他に見学者がいないのをいいことに、野木村さんにいろんなお話を根掘り葉掘り聞かせていただきました。野木村さんは椅子づくりのためにからだのこともすごく研究されている方で、情熱こもったモノ作りが本当に素敵です。

で、展示されていた家具の中でいちばんアハ!となったのが天使の椅子です。今までの椅子の概念が覆される座り心地。座れば座るほど頭がさえてくる、驚きの椅子。しかもデザインも超好み。

いつか、必ず手に入れよう・・・と思っていたところで座談会に参加することが決まり、ぜひ座談会でこの椅子を紹介したい!と思ったのですが、あいにくの在庫切れ。

で、厚かましくも、座談会用にサンプルをお借りできないでしょうか、とお願いしたところご快諾いただきまして、無事記事でご紹介することができました。

そのやりとりの中、野木村さんは

「本当に大事なのは身体と椅子の関係を見ながらちゃんと座らせてあげる事なのだと思うのです。椅子はそれを支える道具として良いものを提供するのが限界です。 という事で身体と対話ができる椎名さんのような方にちゃんと高さを見て提供してもらえたら本当の意味でこの椅子の完成なのだと思っています。」

とおっしゃるのですよ。

そんな、そんな熱い想いに触れたら、お手伝いしないわけにはいきません。

 

私自身、座談会後にようやくMY天使の椅子を手に入れて、日々使う中でこの椅子のよさを再確認したところでした。こんなにいいものは、この良さが分かる人に紹介しなければならない・・・とムクムク湧き上がる謎の使命感。

ロルフィングをうけて、自分のからだの状態がいろいろ分かるようになってくると、「どんな椅子に座ったらいいの?」という疑問も出てきたりします。

基本的には、どんな椅子でも座りこなせるからだを作る!というのがゴールではあるのですが、天使の椅子は、そんな賢いからだ作りをサポートしてくれる椅子。

椅子の高さはオーダーメイドなので、要フィッティングです。座り方もレクチャーしつつ、お一人お一人にベストの高さを測定いたします。

基本的には志木のセッションルームで承りますが、複数ご要望があれば高田馬場、または出張フィッティングも検討します。

 

いつも志木の部屋で私が座ってるのが天使の椅子です。セッションに来てもし気になったら、ぜひ座ってみてくださいね。

価格は42,120円+送料となります。

 

天使の椅子
http://www.bigmories.com/smt-stl-tsi
別の取扱店さんですが、素晴らしくよく紹介されています。(動画まである!)

すまうとさん
https://www.facebook.com/pages/category/Industrial-Company/%E3%81%99%E3%81%BE%E3%81%86%E3%81%A8-1031476370317635/

Posted in 天使の椅子 | Tagged | Leave a comment

座談会記事「わたしたちにとってイスとは!?」

去年の夏に参加した「イス」についての座談会の記事が公開されました。特集してくださったのは、「明日のわたしを選ぶチカラ」をスローガンにボディーワーカー小笠原和葉さんが作られている健康3.0情報発信サイト「Magellan」です。

書き起こしてみたらすごいボリューム!で、少しずつUPされています。どの回も読みごたえたっぷり。私たちボディーワーカーが考える、座ること、と椅子のこと。ぜひぜひ読んでみてください。

 

Chapter 0 イス特集
「ボディーワークって??」
「内側からのアプローチへ」

Chapter 1 そもそも椅子じゃない?! 
「「座る」ということそのものを見直したい」
「そもそも人の体って動くことがベースになっている」
「今は人類が「座ることに挑戦している」時代」

Chapter 2 座っているカラダも動いている
「椅子に適応することで、いつもどこかが無理をしている」
「どの椅子がいいとか、どの形がいいとかは個人個人ぜんぶ違う」

Chapter 3 足を組むって、よきこと・・・なんですかね?
「腰痛がある人にとっての良い椅子って?」
「どんな姿勢でもくつろげる自分でいるのが大事」
「環境によって引き出されるということ」

 

Chapter5までつづきます。

 

 

Posted in からだのこと | Leave a comment

休日のつれづれ

今日は1カ月ぶりに何もない日。

1月後半から泊りがけの研修が2つほど入ってたので忙しくて、でも合間の空いた日も山に行くのは外せなかったりで、丸1日家で過ごすのは久しぶり。

丁寧に掃除機をかけて、見て見ぬふりしてたキッチンの汚れを取り、丁寧にご飯を作って、ゆっくり家にグラウンディングできました。

1カ月も出ずっぱりでいられたなんて、昔の自分ではとても考えられなくて、年々元気になっていく自分のからだにことあるごとに感動しています。

かつての私は週に2日は何もない日がないとダメな人でした。3泊4日の研修とかあったら、絶対そのあと休みを入れるし、1日遊びに出かけたら、その次の日は休みにしないとダメでした。

持っている体力が少ない上に、何をするにも余計なエネルギーを使いすぎて、消耗が多すぎた若かりし頃。20歳のころより40歳になった今の方がはるかに元気だなんて、ふつうじゃ考えられないと思うけど、でも真実。

– –

疲れにくくなる、ということは、一瞬一瞬を最適なパフォーマンスで動いている、ということでもあるのだなぁ、とふと気が付きました。

いろんなことが、前よりずっと楽にできて、しかもクオリティも上がっているなんて、なんてすばらしいんでしょう。

若かりし頃の私よ、よくぞあの状態で生き抜いてきた。そしてあの頃の大変さを知っているから、今の元気を奇跡のようにありがたく感じるし、このからだをかけがえなく思う。からだってこんなに変わるんだよって、自信をもって伝えることができる。

– –

効率的な動きの追求は、「今ここ」の追求といってもいい。

からだを通して今この瞬間にあり続けることにひたすら没頭する毎日。あけても暮れてもからだのことばかり考えていられるなんて、ボディーワーカーという仕事を選んで本当に良かったと思う。というか、そういう毎日を送りたくて、私の魂はボディーワーカーを選んだのかも、とさえ思う。

それでもって、たぶんさらに私のからだはよくなり続けていくのだと思えることがとても幸せ。

 

 

 

Posted in からだのこと | Leave a comment

バレエとボルダリングを交互にやるメリット

今日はバレエのレッスンへ。

おとといボルダリングでかなり追い込んだので、からだを「長く使う」感覚がなかなか出てこない。アウターマッスルががっちりと固まっていて、関節という関節が縮んでしまっている・・・

ボルダリングのいいところは、いろんな方向にからだをまんべんなく使い、自重の負荷で筋力をつけることができるところ。

効率よく登るには、腕だけではなく、脚~体幹~腕をつなげて動く必要があるので、バレエの動きにも通じる動きのヒントがたくさんあります。

でもどうしてもパワーが必要なので、壁のぼりだけしているとやっぱりからだが縮んでしまいます。

そこで!ボルダリングの合間にバレエを挟むことで、縮んだからだをながーく戻していくのです。で、からだの長さが戻ったところで、またボルダリングで弱いところの筋力を強化する。

今はこの組み合わせがとってもいい感じです。

パワー系と、伸びる/バランス系、違う性質の動きを組み合わせることで、どちらにもいい効果がある。ボルダリングとヨガをしてる人もよく見かけるけど、これもまた良い組み合わせなんだろうなぁと思います。

 

Posted in バレエ, ボルダリング | Leave a comment