背筋を伸ばすより大事なこと

英語なんですが、たまたま目に留まった記事。

Don’t say “Sit up straight!” Say “Park your pelvis!”

日本語だと、

「背筋を伸ばして!」じゃなくて

「骨盤を降ろして!」って言いましょう

といった感じでしょうか。

 

子どもが背中を丸めて座っているときに、

背筋を伸ばしてって言っちゃだめ。

土台である骨盤の座りがよければ、

背中は自然と伸びていくよ、という内容です。

 

いい姿勢といえば、思い浮かぶのは

真っ直ぐな背中、開いた胸。

 

でもこれを形で作ろうとすると、

背中の筋肉を変に使いすぎてとても疲れます。

で、「いい姿勢は大変」と思ってしまったりする。

 

背筋は「伸ばす」ものではなく、

自然に「伸びる」もの。

 

無理やり伸ばす必要はなく、

自然と伸びる条件を整えてあげればいいわけです。

で、その条件というのは、

骨盤がうまく接地できていること。

 

家を建てるのと同じで、土台が何より大事!

ロルフィングでもワークショップでも、

いつも接地面を感じることの大切さをお話しています。

 

リンクした記事の中ほどに、

骨盤がうまく接地している写真(左)と、

そうでない写真(右)が載っています。

 

これを見ると、土台(骨盤)が安定すれば、

背骨は自然と伸びやすくなる、

というのがよく分かるはず。

逆に言うと、土台が安定しなければ、

どんなに背筋を伸ばしても、

いい姿勢にはならない、ということです。

 

見た目でどうこうしようとしないで、

「なぜそれが起きているか?」を

考える習慣をもつことはとっても大事。

 

「猫背がいやだ」→「背筋を伸ばそう」

ではなくて、

「猫背がいやだ」→「どうして猫背になっているんだろう?」

を考えていくと、

 

・猫背になるような姿勢を長時間取っている

・プレッシャーやストレスを感じて、無意識に「守り」の姿勢を取っている

・そもそも猫背じゃなく立てる方法をからだが知らない/忘れてしまっている

・内臓の調子が悪い(これもまた「守り」の一つ)

・PC、スマホ、テレビの見すぎ

 

などなど、いろんな要素が見えてきます。

でもどれも、基本は

「土台をしっかりさせること」

で改善していきます。

 

Posted in 姿勢のこと, 感じる力 | Tagged , , , , , | Leave a comment

根本から解決する、の根本って何でしょう?

根本から解決する、の根本って何でしょう?

 

治療法、メソッドによって

「根本」は色々かもしれませんが、

私がセッションの中で重視していることの一つが「感覚」です。

 

からだを動かすときは、

いつも感覚が動きに先行します。

 

からだのいろんなところから

「今こういう状態だよ」

という情報が脳に送られて、

その情報をもとに、

「じゃあこうやって動いてね」

と脳は筋肉に命令を出しています。

 

つまり、送られる感覚情報の質が良ければよいほど、

結果として起こる動きの質もよくなっていく、ということ。

 

けれども「感じる」ということは

過去あまり重視されてこなくて、

どちらかといえば、

感覚を殺して、

「歯を食いしばって頑張る」

ことがよいとされてきていたので、

本来誰もができるはずの感じることが

とても難しくなってしまいました。

 

感覚を無視して動くから、

必要以上の力が入る。

感覚の変化に気付けていないから、

からだがつらい状態で止まってしまって

自己調整力が働かない。

 

長らく無感覚になっていた場所に

感覚が戻ってくるには時間がかかります。

ロルフィングでは10回かけて、

少しずつ、でも確実に、

からだの感じる力を取り戻していきます。

 

どんなに歪みを治してもらったとしても

その変化に気付きがなく、

歪ませた原因となった動作を続けていたら

その歪みは何度でも戻ってきます。

 

でも原因となる動作に自分で気づくことができれば

自分の力でそれを防げるようになる。

自分で自分が何をやっているか気付く力を取り戻し

自分で自分を整えていけるからだを作る。

 

そんなわけで、

感覚の回復を「根本」と考えている私のところには

感じることが得意な人

感じ過ぎてしまってちょっと大変な人

感じることが苦手だけど、興味がある人

がたくさんいらっしゃってます。

 

苦手でも、分からなくても大丈夫。

あなたの感覚はいいです、悪いです、って

点数をつけたりしません。

 

今ここで起きていることを、

一緒に観察し、

感覚の引き出しが増えていくように

お手伝いします。

 

根本=感覚、にピンと来たら

ぜひセッションやワークショップで会いに来てください^^

 

 

Posted in ロルフィングのこと, 感じる力 | Leave a comment

からだは、脱げない

気に入らない服、古くなった服は脱ぎ捨ててしまえばいいけれど、

からだは、脱げない。

 

脱ぎ捨てることができないものだからこそ、

心をかけて手をかけてあげたいのだけど、

あまりに自分に近すぎて、

ついぞんざいに扱ってしまいがちな自分のからだ。

 

「自分のからだは自分の力で変えることができる」

ということを知らないからだとしたら、

とってもとってももったいない。

 

からだは何歳になっても変わります。

このからだで生きていくんだ!と

覚悟ができたところからどんどん変わっていきます。

 

最近は、

「自分のからだを好きになりたい」

「自分で自分のためにできることを知りたい」

「自分のことをもっとよく知りたい」

といって、ロルフィングのセッションや

ワークショップにいらっしゃる方がぐぐっと増えました。

 

(そういう方のお手伝いをするのだ!と、

私がハラを決めたのも関係があるかもしれません。)

 

自分で自分のからだに責任を持つことに、

自分のからだを受け入れていくことに、

意識がシフトした人は、本当に変化が速い。

そして、楽しそう。

 

からだは、脱げない。

だからこそ、無視するでもなく、嫌うでもなく、

うまいこと付き合ってゆきたいものです。

 

Posted in からだのこと | Leave a comment

治る力

あなたは「自然治癒力」を信じていますか?

その昔、私はそれをおとぎ話のようなものだと思っていました。

ときどき耳にはするけれど、実感が湧く言葉ではなく、

胃が痛ければ胃薬を、

頭が痛ければ頭痛薬を、

関節が痛ければシップを使い、

「この薬が私のからだを治してくれているのだ」と信じていました。

 

これは、

私のからだには力がない、力があるのは薬、という前提。

 

でも本当はそうじゃない。

治ったのは私のからだの力。薬はあくまで治る環境を整える力を貸してくれただけ。

 

「治してくれるのは薬/他人」VS「私には治る力がある」

この前提の違い、分かるでしょうか?

 

どんな治療を受けたとしても、薬を飲んだとしても、

実際からだに変化を起こしているのは、からだの力。

 

自分で自分を治すことができる。

自分で自分を変えられる。

この力を潜在的に信じていられることは、

私たちに大きな自信と強さを与えてくれます。

 

ロルフィングもおんなじで、

私がセッションでやっているのは、

からだが治ろうとする力が発揮されやすくなる環境を提供すること。

セッションで起きた変化は、

私の手柄(笑)などではなく、

あなた自身のからだの力によるものです。

 

ちょっとでも変化を感じたならば、

すごいな、私の力!

とからだを称賛してあげてください。

 

自分には治る力がある、ということが

からだのレベルで腑に落ちると、

生きていくうえでとても大きな力になってくれます。

 

治る力に気付いていることは、

実際に治ること以上に大事なのかもしれません。

 

Posted in からだのこと | Leave a comment

【11月】ロルフィング@札幌

11月に札幌でロルフィングの個人セッションをします。

内容はロルフィング、スカーワーク、クラニオセイクラル、動き方のレクチャーなど、ご希望に応じてセッション組み立てます。

・ロルフィング
重力下で楽に動けるからだへ
http://rolfing-spiro.com/rolfing

・スカーワーク
傷あとの違和感、動きづらさに
http://rolfing-spiro.com/scarwork

・クラニオセイクラル
神経系の深いリラックス。慢性疲労、頭痛などの不定愁訴に
http://rolfing-spiro.com/craniosacral

11/11(日)

①15:30~(ご予約済み)
②17:15~
③19:00~

【場所】 風の音治療院 http://www.kazenone.jp/mailmap

【料金】15,000円 (90分程度)

【お申し込み】info@rolfing-spiro.com まで、ご希望の枠をメールでご連絡ください。

 

 

Posted in お知らせ | Tagged , | Leave a comment

最近のボルダリング

ボルダリングに定期的に行くようになって1年が過ぎました。
最近は、週1行けたらいいかなという頻度で、のんびりやっています。

もうちょっと早い上達を目指すなら、週2以上は行かなきゃなのですが、バレエもあるし山もあるし、なかなか時間を作るのがむずかしい。。。

でも最近の嬉しい変化!

今までは、登ったあと2~3日、指の第一関節がきしむような感じがしていたのが、気付いたらぴったり治まってました。靭帯が強くなった?

お仕事するのに何よりも大事な手。このまま続けてたら痛めてしまう?という不安から解消されて嬉しいです。

あと、ときどき行くボルダリングジムの5Q課題がようやく登れるようになりました!(ここは他のところよりも難しくて、よそだと4Qくらい行けても、6Qどまりだった)

今年中に5Q登れたらいいなぁ、なんて言ってたけど、思ったより早く目標達成♪

引き続き、週1ペースは死守して頑張ります。

 

 

Posted in ボルダリング | Leave a comment

【ご感想】小さな変化を楽しみながら身体を自由にしていく(50代女性 インテリアコーディネーター)

私はO脚で、長めに歩いていると股関節が痛くなったり、膝の横骨が痛くなったり、
腰が痛くなる、お腹が張る、肩が巻き込み・・・などなどあったので、楽に歩けるようになりたいと思っていました。

その中でO 脚矯正も専門矯正に3カ所通ったりしていましたが、結果は多少の変化はありましたが変わったとは言えず、このままなのかなと漠然と思っていました。

そろそろ身体を動かそうと探していて、たまたまロルフィングを見つけました。

ロルフィングって何?読んでもよく分かりませんでした。
受けないとわからないかな?

1回目の時、軽く触れられているぐらいだけれども温かい温度が伝わってくる。
自分の体に注意を向けていたのに徐々に静けさの中に入って行くようなリラックスした感じ。頭のいろいろな考え事や周囲の音が気にならない、眠りに入るちょっと前みたいな心地良さ。日常の中でそんな事を感じる時間てなかったかも。

もちろん寝てればいいという訳では無いけれど、ほぼそれに近い状態でした。
終わって歩いてみると確かな変化がありました。
えっ、何が起こったの? 不思議!

理由は私にはわかりません。
ただこんな感想のまま回を重ねていきました。

体の変化を少しずつ感じながら気が付いたら、あれここのラインが変わってる!
ヒップが小さくなったんじゃないかな、法令線が薄くなってる・・・。
雨の日の歩いて足の水はねも気にならなくなってる。

今まで矯正に行ってもまた戻ってしまいましたが、ロルフィングは無理に負荷をかけている訳もないので戻っていません。むしろ、少しずつ本来の動かしやすい所に戻して行くようです。こんな事って有るんですね。

これからO脚も解消していってプラスαの変化も有るかもしれない。
先が楽しみ。

ロルフィングって何?って答えられないけれど、
今の段階では小さな変化を楽しみながら身体を自由にしていくんだなぁと考えています。

まだまだ途中なので、これからもよろしくお願いします!

(50代女性 インテリアコーディネーター)

 

Posted in ご感想 | Leave a comment

食べ物に振り回されない自分になる②

安部さん@風の音治療院のマクロビ講座「自分に優しい食事の基本②」に参加した話のつづきです。(前回の投稿はこちら

前回の内容の復習に続き、まず教えてもらったのは、極陰性・極陽性と呼ばれる、いわゆる「刺激の強い食べ物」の性質と作用について。

甘いもの、アルコール、カフェイン、小麦、乳製品、動物性食品、などなど。
どれもストレスを感じたときに欲しくなりやすいもの。

私はこれまで断然甘いもの派でしたが、この夏は不思議と甘いものへの欲求が消えて、代わりにビールが美味しく感じられていました(もちろんお酒に弱いのでたくさんは飲めませんが)。

で、講座に先駆けて安部さんにお会いした時に、「これって筋肉がついてからだの緩め方が変わったんですかねぇ?」なんて聞いてたのですが、そうではなかった・・・(笑)

これを食べたい!という背後には、からだとこころの欲求があって、それに応じたものが欲しくなるという仕組みがあります。これは絶対知っておくと便利!

あー、甘いもの食べたい!
あー、コーヒー飲みたい!

ってなったときに、「ああ今自分はこういう状態で、だからこれが欲しいんだ」ということが分かっていれば気持ちも楽になるし、じゃあどうしよう?と根本原因に立ち返って手を打つこともできる。

何も気づかず食べることは、それはそれで楽しくて幸せなことではあるかもしれないけれど、欲求に任せていると必要以上に摂取して調子を崩す可能性もあるし、食べてしまったことに対して罪悪感を抱いてしまうこともある。

あー食べちゃった、でもやめられないっ、ていうジレンマって、とってもつらいですよね・・・でも、同じ食べるにしても、「それはどうしてか(WHY)」を知っているだけで、救われる部分は大きいはず。

で、一つ一つのことに「どうしてだろう?」と一旦立ち止まって考えることが習慣になっていくと、そのあとの行動パターンも自然に変わっていきます。

(どうしてだろう、という問いを、好奇心ベースで持てるようになることがポイント。やらなきゃ!というマジメな義務感からでは続けていくのがしんどくなってしまうので。)

今は食べることの話だから、行動パターン=何を食べるか/食べないのか、どのくらい食べるのか、ということになりますが、食以外のことにも言える話だと思います。

 

つづく。

 

Posted in 生活習慣のこと | Leave a comment

乾燥肌が治った話(生活習慣って大事)

毎年秋がやってくると、皮膚の乾燥に悩まされていたのですが、嬉しいことに今年は今のところ大丈夫なまま過ごせています。

もともと肌は強い方ではありませんでしたが、超乾燥肌がはじまったのは、ロルフィングを勉強中のときのこと。

私がロルフィングを学んだコロラド州ボルダーというところは、とてもとても空気が乾燥していて、加湿器をつけていても、夜中に喉が乾燥してむせて目が覚めたり、肌が痒くなってしまうのでお風呂上りは念入りに保湿を心がけていました。

で、その後勉強を終えて日本に帰ってからも、乾燥肌が治らなくなってしまったんです(2012年のこと)。

汗をかく夏の間は大丈夫だけど、秋の初めくらいから、粘膜が乾燥するようなひりひり感から始まって、手足の皮膚が痒くなる。水分をとってもからだの中が潤う感じがしない・・・という状態。

肺を潤すには白いもの!なんていう付け焼刃な情報で梨を食べてみたり白きくらげを食べてみたりしましたが効果なし。

そんな秋冬を数年過ごしてたのですが、おなじみ札幌の風の音治療院の安部さんに出会って、ようやく生活習慣を変えてみようという気になって、そこから時間をかけて、でも確実に肌が変わってきました。

私の場合一番大きかったのは、夜更かしと遅い時間に食べてしまうこと。

仕事終わって、ご飯食べて、だらだらと夜更かしして・・・というルーティンを変えるのは、最初は本当に難しくて、ちょっと頑張って続けてみては、また元に戻って・・・の繰り返し。

それでも前よりは早く寝て、寝る直前に食べることが少なくなり、お砂糖の摂取量も減っていったことで、去年の秋は例年に比べてずいぶん肌が楽でした。

そして去年、「今年の秋冬はこれだけ楽になったんだから、来年はもっと楽になるはず」とひそかに期待してたのが、めでたく実を結びました。

結果はすぐにはでない。今の季節をどう過ごしたかは次の季節に出る。今年どう過ごしたかは来年に出る。安部さんから教わった、長期的にからだの状態の変化を観察する、ということが、やっと板についてきたかな?

多分この1年、いっぱい運動するようになったのもよかったんだろうなぁ。肌の新陳代謝がとても活発になったのを感じてます。とくに背中とか、今まであまり筋肉がついてなかったところ。いっぱい動かすようになったら肌がツルツルになりました♡

肌の問題って、いろいろ塗ったり飲んだり、何かプラスすることで解決しようとしてしまいがちだけど、本当にシンプルな生活習慣の改善だけでこれだけ変わるんだなぁと驚いてしまいます。

乾燥肌がよくなったこと自体もうれしいけど、こうやって自分のからだのお世話が少しずつ上手になってきていることがなにより嬉しいです。

 

Posted in からだのこと, 生活習慣のこと | Leave a comment

本日のバレエ

今通っているバレエのオープンクラスの先生がとてもよくって。

言葉の選び方、お直し入るときの触れ方がいつも絶妙で、絶対ボディーワークを色々勉強されているはず・・・とひそかに思っています。

今日のバーレッスンのときは、横にあげた私の肘(よく直される)にそっと触れて一言。

「角度じゃなくて、ひじに意識を」

あーほんと、特に右ひじは感覚が薄いのは自覚があったけど、全然ぬけてたーーー!

その関節に、からだの個所に、意識がちゃんと宿っているかどうかのレベルで指摘してくれる先生はなかなかいません。こういう形よ!って見た目の話になるのがほとんどだから、ありがたすぎるし貴重すぎる。

でも昔の私だったら分からなかっただろうなぁ。今このタイミングで教わることができて、本当に良かった。

先生いったい何を勉強されてきたんですか?っていつか聞きたいなぁ。

 

 

Posted in バレエ, 日々のこと | Tagged , | Leave a comment