丁寧に顔を洗う

最近、丁寧に顔を洗うようにしています。

念入りにすみずみまで・・・というわけではなくて、顔に触れる手を丁寧に使うようにしている、という意味で。

忙しかったりするとどうしてもごしごしと必要以上の力を使ってしまいがち。こういう時は、「手が顔を触っている」意識になっています。

丁寧に動きたいときは、感覚の方向を入れ替える。「手が触られている」のを感じながら洗おうとすると、スピードがぐっとゆっくりになって、力も抜けます。

ごしごしさっさと洗ってしまいたい自分の衝動にも気が付きつつ、ゆっくりゆっくり動かしていると、心の中にあった慌ただしさがゆっくりほどけていきます。

きっと美肌効果もあるんじゃないかと・・・思っています。

 

 

This entry was posted in 感じる力. Bookmark the permalink.

Leave a reply