セッションでやっていること②チェック

1.ボディーリーディング

〉2.からだの状態のチェック

①元気度のチェック

ボディーリーディングが終わったらベッドに横になっていただいて、今度は寝た状態でおからだをチェックしていきます。

ロルフィングは10回のセッションで変化を積み重ねていきますが、からだが新しい変化を受け取るには、ある程度のエネルギーが必要です(エネルギーという言葉が分かりづらければ、氣とか元気と言い換えてもらってもよいです)。

ここでエネルギー量が極端に落ちてしまっている場合は、新しいことをやっても定着しないし、からだにも負担をかけるだけなので、まずはからだの元気レベルを上げていきます。

②全身のつながりチェック

手足を少し動かしたり、経絡(氣の通り道)を使って全身の繋がりを確認します。うまく繋がっているところ/繋がっていないところ、エネルギーの不足しているところ・滞っているところ、感覚のないところ・過敏すぎるところなどを確認していきます。

③内臓のチェック

内臓も関係あるんですか?と時々聞かれますが、もちろんあります!
からだは全部つながっているので、内臓の状態を確認するのも大事なポイントです。いろんな痛みや姿勢の問題に多くの場合内臓も関係しているので、姿勢や動きの変化と連動して内臓の状態もどう変化しているか必ず見ています。

なので持病や内臓の不調、気になることがあれば、「これは関係ないだろう」と思わずに何でも話してくださいね。

※分かりやすいように分けて書きましたが、②③は同時に進めていくことが多いです。また確認しながら氣の流れを整える作業も同時にやっています。

This entry was posted in ■ロルフィングのこと and tagged . Bookmark the permalink.