お客さま名言集:「速く歩ける、っていうことが分かった」

こんばんは。ロルファーあきこです。
だいぶ涼しくなってきたなと
秋の始まりをたのしみながら、今日も高田馬場でセッションをしてきました。

全部で10回のロルフィングのうち、
5回目を受けにいらっしゃったMさん。
とっても深いことをおっしゃっていたので、ご紹介させていただきます。

 

なんだか速く歩けるようになりました。
前は、「別に速く歩かなくてもいいや」って思っていたんです。
でもそれは、速く歩けなかったから、そういう風に思っていたのかも・・・
今は、「速く歩こう」って思えるようになりました。
速く歩ける、っていうことが分かったみたい。

 

突然ですが、ロルフィング10回のセッションは、
大きく3段階に分かれています!

① 1~3回目:からだの表面に近いところ
② 4~7回目:からだの中心に近いところ
③ 8~10回目:①と②をつなげて、からだを1つのまとまりにする

①の段階だと、肩が楽になった~、とか
呼吸が楽になった~といった
「ゆるみました」系のご感想をよく聞くのですが、
②に進むと、今度は歩き方がぐぐっと変わってこられる方が多いようです。

Mさんのお話からお伝えしたいのは、
速く歩くのが大事・・・ということでは、ないんですよ!

なぜ速くなったのかというと、
歩くときに膝が外を向いてしまって、
一歩進むごとに、右・左・右・・・と大きく重心がぶれてしまっていたのが、
徐々に脚がまっすぐ前に出せるようになり、
さらに脚が背骨を支えてくれるようになったことで
歩くときの「横ブレ」が少なくなったからなんです。

横ブレしなくなってくると、
一歩一歩の歩幅も大きくなり、
からだをスムーズに前に運べるようになるので
結果「歩くのが速くなった」ということ。
だから無理して頑張って速く歩くのとは、ぜんぜん質が違うのです。

 

私がすごいな、と思ったのは、
Mさんの気づき力。
Beforeロルフィングのときの自分のからだと
Afterロルフィングの今のからだ、
どんな変化が起こっているのかを自分の言葉にするということは、
その変化を確かなものにするために、とても大事なことだったりします。

それと、

電車とかで、人の歩き方が気になるようになりました・・・

ともおっしゃっていました。
そうそう、自分のからだに気が付きだすと、
まわりの人のからだも、気になってきちゃうんです。

歩き方は、その人の人生をそのまま映し出すもの。
ときには、自分がどんな歩き方をしているのか、
ショーウィンドーや鏡に映してみると、何か発見があるかもしれません。

それでは、明日もどうぞ気持ちよいからだで!

This entry was posted in お客様のご感想 and tagged . Bookmark the permalink.