膝・腰を痛めがちだった会社員女性【ロルフィング Before&After】

HPに新しい Before & After を掲載しました。

30代の会社員女性。痛めた膝をかばって、右に重心が偏りがちでしたが、10回終了後は重心がセンターに落ち着き、肩のねじれも改善しました。Before & After のお写真とあわせて頂いたご感想は こちら に掲載させていただいていますが、印象的だったコメントをいくつかご紹介します。

バレエの時はもちろん、普段でも(PC使用時、寒くなって、身構える時など)、力をいれてしまっていたことに気づき、それを解除するには体をゆだねればいいということを理解して、とても楽になりました。

力をいれていることに自分でわかるようになる、というのは大きな気づき。
力を入れるのも抜くのも自分、コリを作るのもなくすのも自分、ということが分かるようになると、生活、ひいては人生がぐぐっと変わります。
 

ポワントで立つ際に、左がどうしてもうまく立てない、また今回左膝を痛めてしまったというのは、左足のつながりがうまくできないからということがよくわかりました。

繰り返すケガの場合、体の使い方のクセに気づくことは、その繰り返しから抜け出すきっかけになれるはず・・・。ロルフィングがこれからのヒントになれたようで嬉しいです。
 

一生のうちにこの金額を惜しむのは自分の人生(体)に損をしてしまうのではないかと今は思えます。

ロルフィングを受けるとき、金額のことで躊躇される方は多いです。でも本当に体を変えたいと思っている方にとっては、根本解決につながらない施術をずっと繰り返すことに比べたら、決して高くはない!と私も思います。
 

これからは寄り添って、いろいろできないことを認めあいながら、焦らず理解・意識していけたらと思っています。

これ、すばらしい言葉だなぁと感動しました。カラダのこととなると、どうしても否定的な目線になりがちな私たち・・・でも自分自身のものなのだから、ダメだしするよりは、認めて、褒めてあげてほしい。できないことでも認めてあげる、頑張ることをやめる、というのは日本人の性質からはなかなか難しけれど、幸せなカラダを手に入れるには、一番の近道なのだと思います。
 

すてきなご感想、ありがとうございました!
他の写真とご感想の全文は → こちら
 

This entry was posted in Before & After, お客様のご感想. Bookmark the permalink.

Leave a reply