両脚の複雑骨折、10年続いた後遺症が改善【ロルフィングBefore&After】

HPに新しい Before & After を掲載しました。

50代の会社員男性です。

10年ほど前に自転車で事故にあい、両脚の複雑骨折で1年半入院という大きなけがをされたY.Mさん。

リハビリの努力があって車椅子生活は免れましたが、左ひざの曲げ伸ばしに後遺症がのこり、脚の痛みを抱えたまま、マッサージなどのメンテナンスが欠かせない状態が続いていました。

– – – –

足に問題がある場合、その上のからだにも必ず影響が出てきます。

さらにけがのあとは無意識にかばう動作が身についてしまうため、構造的な問題と、動き方の問題が重なって、痛み・むくみ・疲れやすさ・コリ・頭痛など、いろいろと2次的な問題がでてくる可能性があります。

 

「病院では完治したといわれた」
「骨には異常がないといわれた」

 

けれども違和感が残るときは、
ロルフィングのようなボディーワークの出番です

リハビリやマッサージでは、筋膜を含む軟部組織へのアプローチが十分カバーされていない可能性があるし、無意識に身についてしまった動きのクセまで指摘してもらうのは、なかなかむずかしい・・・から。

なにより大切なのは、ケガによって他の場所とのつながりがなくなってしまった箇所を、体の一部としてまたつなぎ直してあげることです。ダメージを受けた箇所も含めて、からだがまた1つの完全体として動けるように。

 

「この脚はもう治らないって、諦めてたんです」とおっしゃっていたYMさん。

たくさん効果を感じていただいて、同じように後遺症で困っている方のお役にたてればと、お写真の掲載をご快諾いただきました。YMさん、本当にありがとうございました

これはもうようくならないだろう、って、どこかで諦めそうになっている方に、どうかロルフィングが届けられますように~!

 

YMさんの Before & After はこちらからどうぞ

 

 

This entry was posted in Before & After, お客様のご感想 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a reply