感覚に「気のせい」はない

セッションで「どんな感じがしますか?」と尋ねたときに、

「気のせいかもしれないけど・・・」と前置いたり、「・・・でも気のせいなのかもしれませんが」と付け加える方、結構多いのです。

自分の感覚は自分にしか分からないもの。意識に浮かび上がってきたのであれば、それは気のせいでも思い込みでもなく、自分にとっての真実。

それを「気のせい」と前置きたくなってしまうのはなぜなのか。自分の感じたことを断言できないのはなぜなのか。

 

一つは感覚を表現することに慣れていないということ。私を含め、今大人になっているほとんどの人は、今まで生きてきた中で「自分の感覚」について語るチャンスってあんまりなかったはずです。

自分の考え、意見を聞かれることはあっても、自分の感覚を聞かれることはまずありません。「どんな感じがする?」って聞かれることがあったとしても、それはイコール「どんなふうに考えている?」という意味であることがほとんど。だから、「感じる」と「考える」がごっちゃになってたりするんです。

そしてもう一つは、世間の「正しさ」に合わせることに慣れてしまっているので、自分の感覚を自信をもって言葉にできない、ということ。

生まれてすぐのころはみな感覚の塊だったのに、この世に適応するために、自分の感覚に蓋をして、世間でいうところのスタンダードに合わせて生きているうちに、感じること自体分からなくなってしまう。

「何を感じるのが正しいのですか?」
「・・・な感じがするけど、あっていますか?」

と聞いてこられる方も、実際多いのです。

 

だけど、からだの中にあるいろんな感覚こそが、ほかならぬ「私」を構成するもの。生きるって、感じるってことなのです。感じることを放棄してしまったら、他人にゆだねてしまったら、自分の人生を生きていることになりません。「自分を大切にする」というのもよく語られるテーマですが、自分の感覚に気付き、尊重することは、その一番大事なベースになっていると思います。

自分の感覚が分からない、自分の感覚の正しさを他者の判断にゆだねてしまう、というのは、今までの時代では普通のこと・・・というか、必要なことだったのかもしれません。そうすることで、これまでの時代における「調和」が保たれていたのだから、それを批判も否定もする必要はありません。(そういう時代を生き抜いてきた自分を、むしろ褒めてあげよう!)

ただ、時代が変わってきてる、ということ。一人一人が、自分の力で、自分の選択肢を持てる環境が今はある。今息苦しさ、生きづらさを感じている人は、やり方を変えるチャンスです。

本当に自分にとって必要なものはなにか、選び取ることができる力をつけるためにも、どうかどうかどうかどうか、自分が感じていることを大事にしてください。

どんなにちっちゃなことでも、意識にのぼったならばそれは自分にとっての真実。いろんなときに「今、どんな感じがしている?」と自分に聞いてみてください。小さい子どもに聞くように。

人によっては時間がかかるかもしれませんが、慌てず、ゆっくり、じっくりと、取り組む価値は大きいです。

 

 

 

Posted in 感じる力 | Leave a comment

【ScarWork事例】腹腔鏡手術跡&腕の切り傷

40代女性。半年ちょっと前に受けられた腹腔鏡手術の痕と、十数年前の腕の傷あとにワークさせていただきました。

まずはお腹。左右中央、3か所の傷あとです。

Before_after

上(Before):
中央の傷あとが特に深く、組織の層がくっついたような状態。(向かって)左上の傷はかゆみがあり、掻いた跡が残っています。見た目にも濃い左2つの傷周辺は皮膚の感覚が薄くなっていました。

下(After):20分ほどのワーク後の写真です。全体的に跡が薄くなりました。下の層との癒着をとり、中央の傷の凹みも少なくなりました。触られた感覚も、ワーク前よりはっきりしました、とおっしゃっていました。

 

次に腕。10年以上前の切り傷の痕です(縫合あり)。

Before_After2

左(Before)では傷の部分が凹んで固くなっていましたが、右(After)では凹凸がへって表面が全体的になめらかになりました。ワーク後の方が一見傷あとが目立つようですが、これは深いところで固まっていた瘢痕組織が、緩んで浅く、広くなっているのと、皮膚の血行が良くなっているので、瘢痕組織部分とのコントラストがはっきりしているためです(縫合のステッチのあともAfterの方が見えやすいです)。腕の傷も、ワーク後感覚の鈍さが改善されました。

 

以下、ご感想です。


 

腹腔鏡手術の痕と、左腕の切り傷の痕を施術していただきました。

施術前は、どちらも動かすときに多少の違和感があるものの、さほど気にならない程度の自覚でした。お腹の傷跡は一部の傷の皮膚が少し固くなっており、左腕は一部の傷に凹凸ができていました。

施術後に傷跡を確認すると、お腹の皮膚が硬くなっていた部分はだいぶ柔らかくなり、腕の傷も凹凸がさほど目立たなくなり、そのほかの傷跡も全体的に薄くなり前ほど目立たなくなりました。

施術が終わった際に、1~2ヶ月の間にさらに改善されるとコメントをいただきましたが、2週間経って、お腹も腕も動かしやすくなったことに気がつきました。
お腹は力を入れやすくなり、腕は伸ばしたときのつっぱり感が薄れました。
傷跡も施術後よりも多少目立たなくなったように思います。

どちらも少しずつですが改善されていて、うれしく思います。
どうもありがとうございました。

 

Posted in スカーワーク(傷あとの修復) | Tagged , , , | Leave a comment

5/26(土)スカーワーク体験会@志木

Rolfing Days 2018のイベントの1つとして、5/26(土)に、志木のセッションルームでスカーワーク(傷あとのケア)の体験会を行います。

帝王切開跡のかゆみ、大きくケロイド化してしまった傷、感覚が薄くなっている傷あと・・・「諦めていたけど、まだまだ変わるものなんですね」というご感想をたくさんいただいてきました。

まだまだ知られていない、傷あとを「手」でケアできるということ。傷あとはふさがってからのケアが大切なこと。もっとたくさんの方に知っていただきたいです

傷あとの違和感、引き攣れ、かゆみ、ケロイド、動かしづらさなどでお困りの方、ぜひこの機会にお試しください。

帝王切開、手術跡、擦り傷、切り傷、やけどなど、傷の種類は問いません。どんなに古い傷でも大丈夫です。最近のものは、傷口が完全にふさがって炎症がなければワークできます。

こういう傷はどんなふうに変わるの?と気になったら、まずはお気軽にご相談ください。

スカーワークについて、詳しくはこちらをご覧ください。
(Facebookでも事例をご紹介しています https://www.facebook.com/scartissueintegration/)

時間は説明・着替えなど含めて45分程度です。10時~18時の間でご希望の時間をお知らせください。お申し込みはメール、お電話、お問い合わせフォームからどうぞ。

【日時】

2018/5/26(土)10:00-18:00

【料金】

6,000円(モニターとして写真・ご感想にご協力いただける場合5,000円)

 

Posted in イベント・ワークショップ | Leave a comment

落下

2週間ぶりになってしまったボルダリング。登りたくて登りたくて、GWさなかの仕事帰りにジムに駆け込む。

2週間あけてしまうと、やっぱりからだがなまってしまうようで、なかなか調子がでないなぁと苦戦してたら、ホールドから足をすべらせて、女の子座りで倒れ込むような、変な着地をしてしまいました。

立ち上がったら体重を掛けられなくて、ひやっとしたのですが、ジムの隅っこでセルフ治療してなんとか帰宅。

幸い靭帯とかは痛めてなくて炎症もなく、そのあと2日間くらいかけて落下でずれた足根骨のアライメントはゆっくりゆっくり戻ってくれました。

で、やや違和感は残るけれども、ここまできたら動かした方が戻りそう、と思って再びジムにいったら、すっきり解消!

ボルダリングでの初めての故障。大事に至らなくてよかった…けど、これから本当に気をつけよう。課題がだんだん難しくなってきて、大きい動きがでてくるとリスクも上がる。力がついてきた分、最初ほど丁寧にホールドも握れていなかったかもしれません。初心を忘れずに、また丁寧に登ろう。

 

 

 

 

Posted in ボルダリング | Leave a comment

原始反射統合

GW前半は、原始反射統合のお勉強をしてきました。

原始反射ってご存知ですか?赤ちゃんが特有の刺激に対して、自分の意思とは関係なく反射的に起こす行動のことです。

指を出すとぎゅっと握ってくる把握反射とか、びっくりしたときに何かにしがみつこうとするモロー反射あたりが有名でしょうか。生まれてすぐにおっぱいが飲めるのも、吸啜反射が備わっているから。

発達の段階に応じてたくさんの反射がありますが、原始反射は基本的に、赤ちゃんが成長して脳が発達すると統合されていきます。統合される、ということは、刺激に対して勝手にからだが反応してしまうのではなく、自分の意思で動きをコントロールできるようになる、ということ。

逆に言うと、原始反射が統合しきれずに残っている場合、自分の意思とは関係なく、ある刺激に対して勝手にからだが反応してしまっている可能性があります。

– – – –

なぜ原始反射に興味を持ったかというと、私はムーブメントが好きで、セッションでもよく使うしワークショップなどもしていますが、クライアントさんが「思った通りにからだが動かない」ということは珍しくありません。

丁寧に根気よくエクササイズを続けていくことで、できるようになっていくことも多いのですが、根深いパターン、なかなか解消しないパターンには、トラウマだったり原始反射だったり、「癖」と簡単に呼んでしまうことのできないものが隠れています。

そういったものに対して「とにかく頑張れ!」というのは酷なこと。アプローチの次元を変える必要があります。

ロルフィングって、単に筋膜を触るというものではないんです。どちらかというと、からだという媒体を通して脳神経系に語り掛けるようなもの。

「これしかできない!」
「危ない、筋肉固めておかなきゃ!」

となっている脳に、

「こんな動きもあるよ?」
「忘れてるみたいだけど、こんなからだのパーツもあるよ?」
「ここは安全だよ、大丈夫だよ」

と安全であること、動きに選択肢があることを教えてあげて、その時その場所でその人にとっての「最適」を、脳が、からだが、選べる力をつけていきます。

だから反射のことはちゃんと勉強しなくちゃとずーっと思っていて、そして今回ようやくチャンスに恵まれたわけです。

もう本当に参加してよかった!何がよかったって、まず自分の未統合の原始反射にアプローチできたこと。いろんなボディーワークをやってきて、ずいぶんいろんなことが統合されてはきたけれど、深い深いところにいるんだけどどう近づいたらいいのか分からなかったことに、やっと触れることができた・・・といった感じです。

他にも、クライアントさんたちのあの動きは原始反射が関係してたのか!という気付きがあって、からだの見方、働きかけ方にいろんなヒントをもらいました。まだまだ勉強は始まったばかりですが、ものすごく奥深くてものすごく面白いので、この先の勉強もとっても楽しみ。

ちなみに大人でも反射が統合されきっていないというのは珍しいことではありません。自分の性格だと思っていたことが、反射の残存だったりするんです。こういうことを知っていたら、「あの人は怒ってばっかりの嫌な人!」なんて単純なラベリングはできなくなります。なんて人にも自分にも優しい知識なんだろう、って思うのです。

 

 

Posted in からだのこと | Tagged | Leave a comment

「氣を調えるWS」のご紹介

このブログでもたびたびご紹介していますが、札幌の風の音治療院の安部さんが今度は6月に「氣」についてのワークショップをするそうです。

ボディーワークをやっていると、自分に何がおきてるか観察するのが上手になってきて、上がったり下がったり、一時的な現象に揺さぶられることが少なくなります。このからだの観察に「氣」という概念が加わったら、さらに自分との付き合い方が上手になれそう。

氣にしぃの人、氣疲れしがちな人、きっと役に立つ話が聞けるはず。


 

気にしていないから気が付いていないだけで、実はよく見かけている「氣」。氣を使い過ぎたり、氣が無くなっていたり、氣が乱れていたり…氣が原因で、ココロとカラダの不調の原因になってしまっている人も沢山いらっしゃいます。なんだかタイミングが悪かったり、人に振り回されたり、素敵な出会いが無かったりと、いろいろと氣にしている人も沢山います。なにか違和感を感じた時に、心や体だけではなく、ちょっと「氣」と言う視点で起きていることを見ることが出来ると原因に気が付くことが出来て、自分で調えることが出来るようになるので、「氣」について知っているととっても便利なんです。

このWSでは、この何だか良く分からなくて「気のせい」にされてしまっている「氣」について、

◎「氣」って何?
◎「氣」が調っている人と、乱れている人の違い
◎「氣」の使い方と無駄遣い
◎自分の「氣」のタイプ
◎「氣」の調え方
◎「氣」の伝わり方
◎今の「氣」の状態を知る
◎「氣」のサイン

などなど、みなさんが「氣」をイメージしやすくなるように、東洋医学をベースに実例をあげながらじっくりと説明していきます。

6/12(火)10時~12時@渋谷
詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

Posted in イベント・ワークショップ | Leave a comment

ボルダリングにはまる

はまる、と言っていいほどには行けていないのですが、こころは完全にはまっています。

最初は2週に1回程度でしたが、それだと登ったあとの筋肉痛が毎回ひどすぎて機能不全に陥るので、今はできるだけ10日~1週間に1回は行くことを目指しています。

この間は、ついにマイシューズを手に入れました!ずっとレンタルシューズだったから、動きやすくなって嬉しい♪

定期的に行くようになって半年ほどですが、からだが劇的に変わりました。一番大きい変化は背中。後ろの筋肉がしっかりしたら、立っていても座っていても歩いていても楽!!しかもバレエでも信じられないくらい動きやすい。あ、あと冬の間とっても暖かかったです。筋肉が。

かつて10年くらいバレエのレッスンに通っていたのに、こんなにこんなに背中が使えていなかったとは・・・というか今までの人生、からだの後ろ半分使わずに、よく生きてこれたなぁ。。。

腕を使うことでセッションに支障がでないかだけ心配でしたが、むしろ施術しやすくなりました。腕が背中から生えている感覚がでてきて、どんどん腕が自由になっていきます。手の内在筋も発達してきて、手のひらがいい感じに厚くなってきました。今のところ硬くはならず、今まで不活性だった場所が活性化してきた感じです。

心掛けているのは、丁寧にゆっくり登ること。ホールドはやさしくやさしく触る。そうすることで、からだを縮めることなく、全身まんべんなくいろんな方向に動かすことができるので、登りながらからだを整えつつ鍛えることができる・・・。

からだ以上に頭も使うボルダリング。どうからだを使うのか、工夫して試行錯誤して失敗して・・・とやっているうちにどんどんからだが賢くなっていくので、楽しくて仕方がなくて、最近いろんな人に勧めまくってます。

 

 

Posted in ボルダリング, 日々のこと | Leave a comment

【ScarWork事例】小指の伸筋腱断裂②

前回のワークから2か月後に、2回目のスカーワークを受けていただきました。

 

左:1回目の施術前
右:2回目の施術後

Before1_After2

 

上:1回目の施術前
下:2回目の施術後

Before1_After2_2

腱の周りの癒着が2回のワークでだいぶ取れてきたようです。傷周辺のスカーワークに加えて、ムーブメントも行いながら小指の動きを引き出すワークをしたところ、指がさらに伸びてきました。

 

2回目のワーク後のご感想です。


今回、2回目のスカーワークを受けました。約2ヶ月前にスカーワークを体験した左手小指と右膝の経過をみていただきました。

おかげ様で最初のスカーワークを受ける前には手術の後遺症であまり伸びなかった左手小指が、この2ヶ月の間にも少しずつ伸びるように変化していました。

そして今回受けてまた伸びる角度が増えました。パッと見ただけだと指が曲がっているのが殆ど目立たないほどです。手術痕の皮膚の突っ張りも緩やかになりました。

見た目の変化も勿論ですが、一番嬉しいのは冷たかった指が温かくなった事です。以前までは冷たくて力もあまり入らなかったのが、ちゃんと小指に体温を感じて力も入るようになりました。まだ100%自力で指を伸ばす事は出来ませんが、小指周辺の細かい筋肉を鍛える方法をいくつか教えていただけたので、これからもそれをやりながらもっと伸ばせるように頑張りたいと思います。

正直に言うとスカーワークに期待はしていたものの、半ば諦めていた部分もあったので、ここまで変化した事に驚きと共に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

 

 

Posted in スカーワーク(傷あとの修復) | Tagged | Leave a comment

【ScarWork事例】小指の伸筋腱断裂①

40代男性。10年以上前に転倒して左手小指の伸筋腱を断裂。

手術による修復後、指が伸ばせなくなったため再手術を受けられましたが、第一関節は完全に伸ばすことができませんでした。痛みはありませんが、皮膚が突っ張った感じと鈍い痺れがありました。

 

左:施術前
右:施術後

Before1_After1

 

上:施術前
下:施術後

Before1_After1_2

拡大していただくと、傷のライン、皮膚の質感が滑らかになったのが写真でも分かると思います。指の伸びも少し改善しています。

以下、ご感想です。


 

3年半ほど前にこちらのspiro Rolfingさんでロルフィング10回のセッションを受けていまして、そのおかげでそれ以降とても体調が良くなりました。今回こちらでスカーワークという施術もされている事を知り、すぐに「是非受けてみたい!!」と思いました。

過去に左手小指を2回手術しています。
今から11~12年前に駐車場で勢いよく転んで手を地面についた時に表面の皮膚と一緒に小指の腱まで切ってしまい、手術しました。手術後の経過があまり良くなく指が伸びなくなってしまったので数ヶ月後にまた別の病院で手術しました。2回目の手術によってそれ以前よりも少しは伸びるようになったものの、やはり指の第1関節はあまり伸びず、また当時すぐ転勤になって引っ越ししたり仕事が忙しかった事もあり、気持ち的にも諦めて通院も辞めてしまいました。それから今までずっと左手小指は曲げられるけど、伸ばすのは途中までしか自力では伸ばせない状態のままでした。痛みは無いですが皮膚が突っ張った感じと鈍い痺れのようなものもずっと残っていました。

今回スカーワークを受けてみて1番嬉しかったのは「血が通っている感覚が戻ってきた」という事です。この手術した部分は触られた時の感触の鈍さ、何か自分の身体では無いような感覚がずっと長い間に渡ってあったのですが、今はちゃんと血液が流れている感覚があって「やっと自分の身体として蘇って来てくれた」という気持ちです。

左手の小指はまだ自力では完全には伸びませんが、曲げ伸ばしをした時に邪魔をしていた皮膚の突っ張りみたいなものが殆ど無くなったので力も入れやすく動きも滑らかになりました。

心にも変化がありました。今までは諦めていたので、あまり動かそうとしなかったり触ろうとしてしませんでした。でも今回スカーワークを受けてから、「この左手を動かしたい、触りたい」という気持ちが自然に出てきました。これは自分の中で大きな変化です。

スカーワークを受けてから1週間くらい経ちますが見た目の手術痕も日に日に綺麗になってきている感じがします。血色も良くなってきたし、これからもまだ変化すると聞いているので益々楽しみです。

椎名先生の施術はとてもソフトで優しさが伝わってきて気持ち良かったです。
ありがとうございました。

 

Posted in スカーワーク(傷あとの修復) | Tagged | Leave a comment

「陰陽五行で本当の自分を知る」参加してきました

また、札幌の鍼灸師安部さんの講座に参加してました。今回のテーマは「陰陽五行で本当の自分を知る」。前回の食事の基本の講座がとーっても面白かったのでかなり期待してたのですが、今回も充実の内容でした。

興味はあるけど、本で読むとちっとも頭に入ってこなかった東洋医学。でも安部さんの話を聞くとすんなり入ってくるんです。

それは、東洋医学とはこういうもの、これに従いなさい、という一方的な教え方ではなくて、受講者側の目線に立って、どうしたら興味を持てるか、生活の中で即活かせるか、というところから話してくれるから。

基本を教わるだけではどう生活に応用したらいいかって自分では分からなかったりするけど、そういう放り出され感がないのがとてもありがたいのです。

あとは、氣を整える生活をしてれば、勝手に元気になれる!という安部軸のブレなさ。みんなちゃんと元気になる力を持っているんだから、それを活かせる生活をすればいいんだよ、というところ、強く頷いてしまいます。

陰陽五行の知識を人間関係にどう活かすか、というのも面白い話でした。ちょっとした知識を持っていることで、じゃーしょうがないよねぇといい意味で割り切ることができたり、じゃーこれ食べてみる?これやってみる?と打つ手が見えてきたり。ちょっと困った!な人間関係も、なんだか楽しめちゃう・・・かも?

この先も上京して講座を開かれる予定があるので、またご紹介したいと思います。食事の講座の続編もあるみたいだし、個人的に「氣を整える講座」を熱烈にリクエストしてます。

ちなみにがっつり学びたい人向けに、神奈川で6回シリーズの講座も開かれますよ。

【日程】
全12クラス、6日間
10:00~15:00 (クラスとクラスの間に休憩60分)

①② 5月9日(水) ①陰陽説の基本 ②五行説の基本
③④ 6月13日(水) ③五行の火と心臓の話 ④五行の木と肝の話
⑤⑥ 7月11日(水) ⑤五行の土と消化器の話 ⑥五行の金と呼吸器の話
⑦⑧ 8月8日(水) ⑦五行の水と泌尿器の話 ⑧氣の話
⑨⑩ 9月12日(水) ⑨血と水の話 ⑩経絡の基本と使い方の実技
⑪⑫ 10月10日(水) ⑪病気の原因 ⑫原因の見つけ方、アドバイスの仕方

詳しくは風の音治療院のHPをご覧ください。
http://www.kazenone.jp/single-post/2018/02/28

 

Posted in 日々のこと | Leave a comment