まな板の白さと癒しと

あわただしかった春。
手抜きだった家事。

台所のまな板がすこし汚れていました。

まな板の汚れって、生活の忙しさとか、
こころのもやもやと連動しているようで、
だいたい忙しかったときとか、
なんだか気分が落ち込んでるときって、
まな板もなんだかくすんでいるのです。

こころのゆとり

が反映される場所、
とひそかに思っています。

 

漂白剤をしゅしゅしゅ、とかけて
しばらく待てば、まっしろまな板のできあがり。

こころの垢も一緒に流れてくれたような気分。

これって、一種のセラピーかもしれない。
また板セラピー。

ホントの癒しって、特別なモノなんかじゃなくて
身の回りのいたるところに、そのきっかけは存在していて
「癒える」のか「癒えない」のかは自分次第・・・

最近の学びの色々を通じて、
それをますます強く感じるようになってきました。

 

– – – –

ロルフィングは「癒し」ではなくて
(きもちいいーとリラックスしてくださる方はたくさんいるけど、それが主目的ではないのです)

そして「治療」でもなくて
(慢性症状が治ったケースもたくさんありますが、それが主目的ではないのです)

身体教育」と呼んだりもするけれど、
そうすると「ヨガみたいなトレーニング?」と聞かれてしまうこともあり・・・

はたして私はロルフィングで何をしているのか?

と、長いこともやもやしていました。

 

でも今日まな板を見ていたら、
なんだか腑に落ちた!

 

「ここにまな板があるよ!」
「ここにキッチンハイターがあるよ!」

とお知らせするのが、私の役割。

そうして、その方が

まな板を手に取り漂白するのを見守る。
その「ミッション」に邪魔が入らないように、場の安全を守る。
やり方が分からなくて困っていたら、ちょっとお手伝いもする。
そしてその方がやり遂げることを信じて待つ。

 

「癒える」きっかけと、
「癒える」場所を提供することが、私のすること。

そのきっかけと場所を使って
お客様は、自分の力で自分を癒やす。

 

・・・というのは、何度も先生や本から聞いていたことですが、
もやもやとしていたビジョンが
まな板という、究極の日常アイテムにあてはめて
ようやくはっきりしたのでした。

 

春の夜、つれづれなるままに。

 

 

This entry was posted in 日々のこと. Bookmark the permalink.

Leave a reply