【ScarWork事例】小指の伸筋腱断裂②

前回のワークから2か月後に、2回目のスカーワークを受けていただきました。

 

左:1回目の施術前
右:2回目の施術後

Before1_After2

 

上:1回目の施術前
下:2回目の施術後

Before1_After2_2

腱の周りの癒着が2回のワークでだいぶ取れてきたようです。傷周辺のスカーワークに加えて、ムーブメントも行いながら小指の動きを引き出すワークをしたところ、指がさらに伸びてきました。

 

2回目のワーク後のご感想です。


今回、2回目のスカーワークを受けました。約2ヶ月前にスカーワークを体験した左手小指と右膝の経過をみていただきました。

おかげ様で最初のスカーワークを受ける前には手術の後遺症であまり伸びなかった左手小指が、この2ヶ月の間にも少しずつ伸びるように変化していました。

そして今回受けてまた伸びる角度が増えました。パッと見ただけだと指が曲がっているのが殆ど目立たないほどです。手術痕の皮膚の突っ張りも緩やかになりました。

見た目の変化も勿論ですが、一番嬉しいのは冷たかった指が温かくなった事です。以前までは冷たくて力もあまり入らなかったのが、ちゃんと小指に体温を感じて力も入るようになりました。まだ100%自力で指を伸ばす事は出来ませんが、小指周辺の細かい筋肉を鍛える方法をいくつか教えていただけたので、これからもそれをやりながらもっと伸ばせるように頑張りたいと思います。

正直に言うとスカーワークに期待はしていたものの、半ば諦めていた部分もあったので、ここまで変化した事に驚きと共に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

 

 

This entry was posted in スカーワーク(傷あとの修復) and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a reply