からだは、脱げない

気に入らない服、古くなった服は脱ぎ捨ててしまえばいいけれど、

からだは、脱げない。

 

脱ぎ捨てることができないものだからこそ、

心をかけて手をかけてあげたいのだけど、

あまりに自分に近すぎて、

ついぞんざいに扱ってしまいがちな自分のからだ。

 

「自分のからだは自分の力で変えることができる」

ということを知らないからだとしたら、

とってもとってももったいない。

 

からだは何歳になっても変わります。

このからだで生きていくんだ!と

覚悟ができたところからどんどん変わっていきます。

 

最近は、

「自分のからだを好きになりたい」

「自分で自分のためにできることを知りたい」

「自分のことをもっとよく知りたい」

といって、ロルフィングのセッションや

ワークショップにいらっしゃる方がぐぐっと増えました。

 

(そういう方のお手伝いをするのだ!と、

私がハラを決めたのも関係があるかもしれません。)

 

自分で自分のからだに責任を持つことに、

自分のからだを受け入れていくことに、

意識がシフトした人は、本当に変化が速い。

そして、楽しそう。

 

からだは、脱げない。

だからこそ、無視するでもなく、嫌うでもなく、

うまいこと付き合ってゆきたいものです。

 

This entry was posted in からだのこと. Bookmark the permalink.

Leave a reply