目覚め始めた背中

年末年始はさんでタイミングが合わなくて

3週間ぶりくらいにバレエのレッスンへ。

 

でもでもボルダリングに行ってるおかげで

あまりブランクは感じずに動けました。

 

今はなんとか週1ペースだけど、

それでも1年壁を登り続けたおかげで

着実に広背筋をはじめとした

背中の筋肉が育ってきています。

 

前は「紙」って感じだったけど、

今は肉っぽい弾力が出てきた!

 

そうして、「筋肉」として機能できるようになって

ようやく「使う感覚」も出てきた!

 

踊る上で絶対的に必要な場所なのに

今までまったく使えてなかった。

っていうか、感覚がなさ過ぎて

そこが自分の一部であることさえ分かっていなかった。

 

パーツが足りない状態で動いてるんだから、

そりゃあ動けなかったわけだーーー

 

バレエのクラスで「お腹を使って!」

ってよく言われるけど、

お腹をちゃんと使うには

それに対応する背中が必要なわけで

腹筋ばっかり頑張っててもうまくはいかない。

 

背中が育ってきて、

腹筋を使う感覚もずいぶん変わってきました。

腹の底は背、背の表は腹、

みたいな感じで、

背中とお腹が連動して動く感覚。

 

1年ボルダリングやって、

ようやくようやくここまで。

「なかった」ものが「ある」ようになるには

とっても時間がかかるけど、

なくしてた自分の一部を取り戻していく過程は

面白くて嬉しくて、

時間をかけることもまた喜び。

 

今年もバレエとボルダリングと山と、楽しもう。

 

 

This entry was posted in からだのこと, バレエ, ボルダリング. Bookmark the permalink.

Leave a reply