痛みがなくなったら、何がしたい?

「なぜロルフィングを受けようと思ったのですか?」

という質問に、

「この痛みをなくしたいんです」

と答えられる方はとても多いです。

痛みをなくしたい、というのは、最初の動機付けとしてはもちろんOK。

痛いの、いやだし、つらいし、なくしたいですよね。

でも「痛みをなくす」って、実は目標設定のやり方としては50点。 

そもそも人生に痛みはつきもので。

痛み=悪いもの、ではなくて、「何かちょっとおかしいよ~」というからだからのお知らせなので、ちゃんと痛みを感じられるというのはとても大事なこと。

まず痛みは悪者ではなく、メッセージなんだ、と発想を変えてみましょう。

そして、セッションを受けていく中で、少しずつ痛みが和らいできたり、自分の中で痛みとの付き合い方が分かってきたら、

  • 痛みがない状態って、どんな感じだろう?
  • それはどんな気分になるだろう?
  • その感じで、その気分で、何がしたいだろう?

って、考えてみてください。

痛みがなくなった、その先を考えてみる。

  • 踊りたい?
  • 旅したい?
  • 諦めてた趣味を再開してみる?
  • 新しい仕事を始める?
  • 朝のジョギングとかしてみちゃう?

実際セッションでそういう質問をすることもあります。

「え~???分かりません~」

と言ってた方も、少し間をおいて「そういえば・・・」とやりたかったことを思い出して、ちょっと照れくさそうに教えてくれたりします。

もちろん恥ずかしかったら、言わなくていいですよ!でも自分の中では明確にしておくことをオススメします。

本当にからだが辛いときは、そんなこと考えられないし、考えたくないと思うかもしれません。でもちょっと余裕がでてきたら、ぜひぜひ考えてみてください。

「その先」が見えているかどうかで、変化のプロセスは変わっていきます。

そして、今この瞬間からでもできることがあるならば、ちょっとでいいからやりはじめちゃいましょう。実際動けなくても、写真を眺めたり、本を買ってみたり、妄想するだけでもいいから。

からだのオーナーとしてのあなたは、「痛みがない」の先に何を望んでいるのか。

これがはっきりしていればしているほど、いろんな変化が起こりやすくなります。

This entry was posted in からだのこと. Bookmark the permalink.